『クライマーズ・ハイ』を見ました

1985年の日航機墜落事故を取材した、新聞記者たちの1週間を描く、『クライマーズ・ハイ』を見ました。

1985年の8月12日、群馬県の御巣鷹山にJAL123便が墜落。航空機事故史上最大最悪の、日航機墜落事故である。群馬の地方紙・北関東新聞の記者達は総力を挙げて取材をするが、様々な問題に直面する。

この日航機事故もすでに23年が過ぎ、直接この事故を知らない世代も増えてきているといわれる。当時、夕方に飛び込んできた子のニュースは、その日のうちに機体の墜落場所を特定できない上、翌日になり発見されても、救助隊が到着できるのが夕刻になるなど、日本にもいまだ人の入ることが難しいところに墜落し他のだということを、TVからの情報だけで感じたものでした。

しかも初めは不時着したという情報もあり、『生存者が多数いるのでは』と言う期待もありながら、4人救出にとどまるなど、航空機事故の一部始終がTVで報道され続けた事故でもあります。

作品でも同じで、全国紙に遅れを取るまいと意気込む記者連中だが、あまりの事故の大きさに圧倒され、混乱を極める編集部。しかし、地元紙としての維持と、郡までの事故を性格に報道したいとする瀬戸際のせめぎ合いが、実に迫力ある映像で表現されていました。

この貴社を演じる人たちの全員が、実に良い演技をしています。編集部にあり冷静に記事をより分ける悠木を演じる堤真一。いち早く現地を取材し、その惨状を取材する、狭山(堺雅人)と神沢(滝藤賢一)。そして記事の行き過ぎや他のニュースとのバランスを取る局長達。

これらの人たちが、それぞれ血の通って人間として描かれており、大変見ごたえのある作品でいた。

また、あまり一般の人が目にする機会のない、新聞の発行現場の雰囲気も、やや誇張している気もしましたが、リアルに描かれていると感じました。

そして、最大の見所は事故原因を特ダネとして記事にするのか、しないのかのシーン。公共の情報機関としての新聞の役目と、他の新聞社達のとの競争に勝つか負けるかの現場。その中で下される決断までの展開は息が詰まりそうな緊迫感でした。

監督の原田眞人氏は『金融自縛列島』でも、人々のせめぎ合いの中で意見を戦わせる作品を取っていますが、今作でもその力を遺憾無く発揮しているといえます。

今年見た作品の中ではベスト3に入れたい作品です。ぜひとも劇場で見ることをお勧めします。

http://climbershigh.gyao.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

続きを読む "『クライマーズ・ハイ』を見ました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『相棒 -劇場版 -』を見ました

水谷豊&寺脇康文共演のTVシリーズがヒットしたことを受け、劇場版が製作された、『相棒 -劇場版 -』を見ました。

殺人の現場に謎の記号を残していくという連続殺人事件が発生。狙われた女性議員を警護する役が、特命係に回ってきた。右京は残された記号がチェスの棋譜であることに気づく…

TVシリーズの延長として製作された『相棒-劇場版-』。当然、TVシリーズを見ていることを前提として製作されている為、キャラ設定などは説明されていないので、シリーズ未見の方はネットなどで、人間関係などを捕まえておいてから、見に行くほうがいいでしょう。

ストーリー的にはTVシリーズと同じように、犯人に翻弄される警察と、それを尻目に独自の捜査で犯人に迫る特命係の二人、そして犯罪の裏にある真の犯罪、と言う構成。TVシリーズのファンは安心してみることが出来るでしょう。

今回は豪華なゲストが勢ぞろいですが、そのキャラたちもTVシリーズに登場しているので、その時の事件を知っている人には2倍も3倍も楽しめると思います。

さて、そのように楽しめる作品に仕上がってはいるのですが、残念ながら『映画』と言う視点で見ると脚本の練りこみが弱いと感じます。

まず、豪華ゲストを用意したのはいいですが、それらの中には必要性の殆どないキャラがおりました。得に松下由樹演じる武藤弁護士(TVシリーズ登場済み)のために時間を取った部分は、何の必要性があったのかと、見ている段階で感じていました。

そのほかにも、状況を説明するためだけのキャラなどが多く登場し、話がとっちらかった印象です。また場面転換のつながりが(特に前半)わるく、TVで放送する際にCMを入れる時間に出来るな、と感じてしまいました。

そして、犯罪の構成についても見終わった後に、大きな矛盾を感じました。『真の犯人』の目的を考えると、連続殺人にする必要性もなかったと思うし、チェスを利用して、警察を挑発する必然性も無いと感じます。

最も脚本の練りこみがなされていないと感じたのは、ラストの展開です。あの展開が、『真の犯人』の意図を汲んだ物なのか、それとも以前より議員が考えていた事なのかはっきりしないため、考えによっては『真の犯人』の犯罪自体に、『無駄』の印象を持ってしまいます。

この作品での見所は、西田敏行の迫力ある演技です。これは映画館の大画面で見るだけの価値ある演技で、思わず引き込まれます。この西田敏行と水谷豊の絡みは、ベテランの気迫を感じます。

作品としてみると、昨年ヒットした『アンフェア』の影響を受けちょっとアクションの要素を取り入れすぎたような気がします。TVシリーズも見ていたkainとしては、アクションよりも『刑事コロンボ』のような、犯人との推理ゲームの要素を巧みに描いた脚本のほうが、面白かったのではないかと思います。

『映画』としてみるのはややつらいのですが、GW期間に家族手見にいけるお勧め作品だと思います。TVの2時間ドラマのように感じで、お気軽に見に行くことをお勧めします。

http://www.aibou-movie.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

続きを読む "『相棒 -劇場版 -』を見ました"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はじめてみた出来事

今日、新幹線に乗っていると、ある駅に到着直前、ホームに10人ほどの男性の集団が。明らかに堅気とは思えない、いかつい体格と迫力ある表情。

その集団はkainの乗っている車両を待っている様子。

柔道の無差別級にでも出場できそうな人だけでも3人ほど、黒っぽいスーツと言うところが、より迫力が増している。

停車直前に、集団のうち3人ほどが挨拶をしている。後の7人は列車に乗るのだろう、1人を6人で囲んで列車の停車を待っている。

新幹線が止まると、7人が乗り込もうとしてる。その様子を良く見ていると、周りを囲まれていた男だけが、ジャージみたいなのを着ている。この男だけひょろりとして、迫力の無い男だった。

さらによく見ると、その男の手元が隠されている。そして、男の直後の若い男の手元には、青いロープが見えその先は、やせた男の腰辺りに隠れているようだ。

そうなんです、犯人の護送だったんです。

テレビなどでは管轄外のどこにでもパトカーで向かいますが、実際には鉄道や飛行機を使うということは聞いてはいました。でも見たのは初めてでした。

ドラマなどでは、犯人が暴れたりして逃げ出したりしますが、今日見た警官達が相手では、暴れることも出来そうにありません。

それに駅のホームに立っているときから、どこか雰囲気が違っているんですよね、普通の集団とは。仮に振り切っても手錠とか、腰縄があってはどうしようもないですね。

kainのみた初めての出来事でした。

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

| | コメント (0) | トラックバック (0)