« 『ごくせん THE MOVIE』を見ました | トップページ | 『山形スクリーム』を見ました »

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を見ました

いよいよ終盤を迎える、ハリー・ポッターシリーズ第6弾『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を見ました。

ヴォルデモートの復活は次第に人間界も脅かすほどの力を持ち始めた。一方、ハリーはダンブルドアに連れられ、元教師のスラグホーンを訪ねる。スラグホーンはヴォルデモートのある秘密を握っている人物だった。

原作は7巻目が出版され、無事完結を迎えたと言うことですが、映画の方では7巻目が、前後編の2部作となるため計8作となる予定です。

さて、前作でのヴォルデモートの完全復活をうけ物語は始まります。そのため全体的な作品の印象は、非常に暗い物です。また、原作では次の巻が完結編と言うことだったためか、映像化された作品としてみると、今ひとつ盛り上がりに欠けた感じは否めませんでした。

もちろん話はそれなりに展開するのですが、その展開する話題が悪の軍団と直接の関わりがないハリー達の恋愛問題となっており、大事件を抱えながら小さな色恋問題に非常に多くの時間が割かれています。

意外な組み合わせや若者らしい恋愛の駆け引き。大人となった役者人の面目躍如と言うところでしょうか。

その割には各自の心理描写が希薄なため、何故ハリーは○○に恋するようになったのか、ロンはどうして急に注目されたがるようになったのか、等々。おそらく原作では表現されていた部分が大きくカットされているのだと思いますが、これでは作品単体としては楽しむことが難しいと思います。まあ、この作品『だけ』見る人がそれほど多いとは思いませんが…

と言うことで、話が大きく進むのは後半になってからです。残園なのは前作で活躍したルーナが顔見せ程度の扱いだったことに象徴されるように、前作までに登場したキャラが何人か登場していますが、どれも端役扱いだったことです。

そして、ある謎が解けると怒濤の大進撃で物語が展開します。ラストではかなりのサプライズがありますが、題名にもなっている『謎のプリンス』の扱いが低いのは何故でしょう?この題名(現代ではHALF-BLOOD PRINCE:混血のプリンス)だと、プリンスとは誰かというのが作品の軸かと思いましたが、意外な謎解きでした。

ラストに向けていろいろと種を仕込んでいるようで、そう考えると次の2部作と含めて3作セットで考えるというのが正解のような気がします。

そういった期待を込めて次作を待ちたいと思います。

公式HP:http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

ハリー・ポッターと謎のプリンス@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆ハリー・ポッターシリーズ☆★☆★☆

|

« 『ごくせん THE MOVIE』を見ました | トップページ | 『山形スクリーム』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/45882372

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を見ました:

« 『ごくせん THE MOVIE』を見ました | トップページ | 『山形スクリーム』を見ました »