« 『おと・な・り』を見ました | トップページ | 『トランスフォーマー/リベンジ』を見ました »

『消されたヘッドライン』を見ました

ラッセル・クロウとレイチェル・マクアダムスの二人が町で起きた殺人事件から、国家的な陰謀に迫る、『消されたヘッドライン』を見ました。

ある晩、ドラッグ中毒の黒人少年スタッグが何者かに射殺された。そして翌朝、国会議員スティーヴン・コリンズのもとで働く女性職員ソニア・ベーカーが出勤途中の地下鉄で不可解な死を遂げた。一見つながりの無いと思われた二つの事件だが、国会議員スティーヴン・コリンズの旧友カル(ラッセル・クロウ)は二つの事件の影に、多いな陰謀の匂いをかぎつける。

巨大な多国籍企業を追求する国会議員の秘書が謎の死を遂げるという、いかにも陰謀を感じさせる導入部から、次々と事件の真相に迫っていく展開は、表情にテンポが良く見ていて飽きない物でした。

さらに新聞社の内幕、そこで繰り広げられる『報道』という側面と、新聞社という企業としての側面も見ごたえあるものでした。

駆け出し新聞記者のレイチェル・マクアダムスは何時見てもいい演技をしています。彼女の目力どこかひきつける物を感じます。もちろんラッセル・クロウとベン・アフレックは貫禄十分の演技で緊張感を切らしません。

ただし、作品を通して見ると事件について疑問が残ってしまいました。ストーリーの2/3はある意味で、ミスリードを誘っているわけで、そこにいたるまでの正義感は何処にどうぶつければいいのか、という疑問を持ちます。(個々はネタバレになるので…)

またラストの暗殺者の行動にもいまひとつ納得いく説明が無いと感じました。

CMなどで盛んに宣伝されているのも含めて、作品の大きなからくりを終盤まで隠し続けるのは見事だったのですが、巨悪が残ってしまう?というのは釈然としない物を感じました。

ラストが消化不良ではあるものの、事件をめぐる意外性や人間性など、ミステリーサスペンスとしては十分楽しめる作品だと思います。

公式HP:http://kesareta.jp/

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

消されたヘッドライン@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆ラッセル・クロウ出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆ベン・アフレック出演作☆★☆★☆

|

« 『おと・な・り』を見ました | トップページ | 『トランスフォーマー/リベンジ』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/45749073

この記事へのトラックバック一覧です: 『消されたヘッドライン』を見ました:

« 『おと・な・り』を見ました | トップページ | 『トランスフォーマー/リベンジ』を見ました »