« ISMS審査員挑戦記最終回 | トップページ | 『ミルク』を見ました »

『スター・トレック』を見ました!!!

SFドラマとして高い人気を誇り、TVシリーズ5作、TVアニメ1作、劇場作品10作を誇るスタートレックを、人気監督J.J.エイブラムスがリメイクした、『スター・トレック』をみました。

SFドラマとして高い人気を誇り、TVシリーズ5作、TVアニメ1作、劇場作品10作を誇るスター・トレックを、人気監督J.J.エイブラムスがリメイクした、『スター・トレック』をみました。

23世紀、謎の宇宙船に攻撃されたUSSケルヴィンは、乗員800人の命を一人の艦長代理が命を犠牲にして救出できた。その艦長代理こそ後のジェームス・カークの父であった。青年となったカークは惑星連邦艦隊のパイク艦長と出会い艦隊に志願する。

銀河に羽ばたく白鳥『エンタープライズ』がついに帰ってきました!TVシリーズのオリジナルキャストも若々しくなり、新しい『スター・トレック』の時代が開かれたと言っても過言ではありません。

また、オリジナルキャストを若くしたような各役者も、なるほどカークだ、なるほどスポックだ、と納得できるほどです。しかし、チェコフだけはイメージが違うかな…

もちろん円盤形の第1船体とドーサルネックで繋がれた第2船体、そこからV字に伸びる2本のワープナセルで構成され、『NCC-1701』の艦隊登録番号を持つ白く美しいエンタープライズも、オリジナル以上のディティールは加えられているものの、やはりカーク船長の指揮した、あのエンタープライズに違いないといえる完成度です。

ストーリーはカークが船長になるまでを描く『エピソード0』的な内容ですが、今後のシリーズ展開を考えているためか、オリジナルテレビシリーズとの決別を、『もう一つの世界』として構成しています。

はじめはこのことに気づかず、TVシリーズの設定を無視したのかと思いましたが(TVシリーズでカークは、学生の時は本の虫だった)、ネロが過去に干渉したためTVシリーズとは別の歴史を刻み始めた世界と言うことで話が進んでいきます。

エイブラムス監督もスタートレックファンということなのか、いろいろな小ネタが満載です。コバヤシマルテストで審問されるカークに、スポックが言う台詞は、そのまま劇場版第2作『カーンの逆襲』でカークが、士官候補生のサーヴィックに言う台詞そのままだし、新造艦が最初のワープに失敗するのは劇場版第1作でも描かれました。

スポックがコリナールを極めるべきか悩んでいることや、ミニスカート型の女性用制服、耳に直接指す通称『イヤーレシーバ』など、今までの作品を見ている人にはちょっと得する描写が満載です。ドクター・マッコイは得意の口癖をこれでもかと聞かせてくれますし、スポックは成功の確率を、きわめて低い数字で教えてくれます。

そしてオリジナル作品から登場する人物が二人。一人は24世紀から23世紀にタイムスリップしてきたレナード・ニモイ演じるスポック。やはり貫禄があり、スポックといえば彼しかいないのですが、きちんと新旧交代が描かれたのは、新シリーズへの布石に違いありません。おそらくニモイの演じるスポックはこれが見納めになるのでしょう。

もう一人は映像ではなく『声』。TVシリーズでもコンピュータの声を演じた、メイジェル・バレット・ロッディンベリー。あのセクシーなコンピュータボイスですが、残念ながら先頃なくなられてしまったので、この作品の完成を見ることができなかったのは残念です。

さて主役のカークを演じるクリス・パインですがウィリアム・シャトナーに比べるとやや線が細いというか力強さに欠ける気がしましたが、無謀な作戦でも挑戦する若さ見せつけられると、カークとしてこれからの活躍が期待できそうです。

宇宙でのエンタープライズも大活躍です。従来の宇宙船の扱いはどちらかというと重厚感を感じさせ、派手な撃ち合いよりも、潜水艦の戦いのような駆け引きを重視したものでしたが、この作品では派手にフェーザや光子魚雷を打ちまくり急旋回をする、まるで戦闘機同士のドックファイトのようです。細かなディティールもリアルに見えて、宇宙を駆ける宇宙船に、夢を感じます。

別の時間軸を走り始めた新シリーズですが、ファンとしてはやや心配なことも。と言うのもオリジナルの歴史をたどらないということは、たとえば『永遠の縁にたつ都市』等のような名エピソードを経験しないカークやスポックになってしまったと言うことでは?

いや、そんな心配はきっと無用。カークとスポック、そしてエンタープライズには新たな冒険が待ち受けているに違いありませんから。

それと、有名なオープニングの台詞『Space, the final frontier…』をエンドタイトルのところでニモイ氏の声で読み上げられます。そしてその後流れる曲はTVシリーズをアレンジしたもので、ファンにとっては感涙間違いなしです。

公式HP:http://www.startrekmovie.com/intl/jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

スター・トレック@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆J.J.エイブラムス関係作☆★☆★☆

☆★☆★☆スタートレック関係作☆★☆★☆

|

« ISMS審査員挑戦記最終回 | トップページ | 『ミルク』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/45172628

この記事へのトラックバック一覧です: 『スター・トレック』を見ました!!!:

« ISMS審査員挑戦記最終回 | トップページ | 『ミルク』を見ました »