« 『ウォッチメン』を見ました | トップページ | 『スラムドッグ$ミリオネア』を見ました »

『レッドクリフ Part II』を見ました

三国志の中での激戦、赤壁の戦いを描いた二部作の第二弾『レッドクリフ Part II』を見ました。

赤壁の地に陣を構えた魏呉の両軍であったが、その対陣は両軍の知恵比べとも言うべき駆け引きが行われていた。しかし疫病が広がったことにより軍の疲弊をおそれた劉備が後退、呉軍はさらに苦境に陥る。

魏呉蜀の3英雄が集うことで、三国志の中でも有名な戦いであるが史実にはほとんど記録がないため、後世の歴史家や劇作家がいろいろな演出を加えたのが、今の日本で有名な『赤壁の戦い』。

PART1が対決前夜&キャラクター紹介的な面が強かったのに対し、PART2は、中国でなれば再現できないような、大人数を動員した合戦シーンが圧巻であった。

また、『三国志演義』などで有名なエピソードも描かれていて、見応え十分であった。

少し残念だったのは、周兪と孔明をまるで友人のように描いていた点で、呉にとっては警戒するべき人間である以上、あのような友情が芽生えたような表現やラストは、やや残念である。

作品のテイストも、悪(魏・曹操)対善(呉・蜀連合軍)に描かれていたのは歴史物語と言うよりも、英雄物語というべき作品と感じる。

まあ、三国志に関してはいろいろな書籍などが出版されているので、興味を持った方はそちらに目を通してみるのもいいだろう。吉川英治著『三国志』等は、是非一読するとおもしろいと思う。

戦闘場面が未だに一対一の戦い方を中心にしている点など、時代描写とあわない気がするが、それを補ってあまりある迫力を感じさせてくれるので、是非劇場に足を運んで大画面で味わってほしい作品である。

公式HP:http://redcliff.jp/index.html

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦―@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆三国志関係作品☆★☆★☆

☆★☆★☆三国志関係書籍☆★☆★☆

|

« 『ウォッチメン』を見ました | トップページ | 『スラムドッグ$ミリオネア』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/44793597

この記事へのトラックバック一覧です: 『レッドクリフ Part II』を見ました:

» レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-(2009年) [シネマテーク]
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 「赤壁の戦い」の「せ」の字も感じないままに、中途半端に終わった前作とは異なり、本作はまさに「赤壁の戦い」一色の映画となっている。...まぁ、当たり前と言えば当たり前。 そもそもが一本の映画にするはずが、長くなりすぎたので二本に分けたために、前作が中途半端になったわ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 10時34分

« 『ウォッチメン』を見ました | トップページ | 『スラムドッグ$ミリオネア』を見ました »