« 『チェ 39歳別れの手紙』を見ました | トップページ | 『チェンジリング』を見ました »

『少年メリケンサック』を見ました

宮崎あおい主演で、パンクバンド・少年メリケンサックを巡るドタバタを描く、『少年メリケンサック』を見ました。

レコード会社の新人発掘担当・栗田かんなはネット上で『少年メリケンサック』と言うバンドを見つけた。早速契約をするため連絡を取るが、そこにはすでにおじさんとなった、『少年メリケンサック』の姿があった。

昨年『デトロイト・メタル・シティー』でも取り上げられたようにヘビメタやパンクはすでに絶滅危惧種とも言える状況。だからこそこのようなコメディタッチの作品が生まれてくるのでしょう。

人気脚本家の宮藤官九郎が監督・脚本を務めていますが、肝心の脚本が上っ面を取り繕った出来、映像もとりあえず小さな笑いを混ぜ込んだ深みのない映像、と完成度としては今ひとつのように感じます。

特にジミーの描き方には大いに疑問。この点だけでも作品としての中身の薄さを表しています。おじさんバンドを取り上げるにしても、もっと現実的な料理の仕方はなかったのでしょうか。

ただ、佐藤浩市はぶっ飛んでた。しかし、安っぽい台詞とシモネタがそのぶっ飛んだ演技を生かしきれていない。それを生かすだけの脚本に仕上げられなかったのは残念ですが…

その意味では宮崎あおいのキュートさは満喫できます。宮藤監督は宮崎あおいのために脚本を用意したのでしょうか。

私としては笑いを取る為に、あまりにも適当な設定をしているとしか感じず、物語にのめりこむことが出来ませんでした。現在の人気脚本家の創り上げたものが、この程度かと言うことは残念でなりません。

公式HP:http://www.meriken-movie.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

少年メリケンサック@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆宮藤官九郎関係作☆★☆★☆

☆★☆★☆宮崎あおい出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆佐藤浩市出演作☆★☆★☆

|

« 『チェ 39歳別れの手紙』を見ました | トップページ | 『チェンジリング』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/44360795

この記事へのトラックバック一覧です: 『少年メリケンサック』を見ました:

« 『チェ 39歳別れの手紙』を見ました | トップページ | 『チェンジリング』を見ました »