« 今週はお勉強週間(ISMS審査員研修) | トップページ | 『アンダーワールド:ビギンズ』を見ました »

『ワルキューレ』を見ました

トム・クルーズ主演で、第二次世界大戦中のヒトラー暗殺計画を描いた、『ワルキューレ』を見ました。

第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、敗色濃厚なドイツの現状を救うには独裁者アドルフ・ヒトラーを排除する意外に無いと考える。ヒトラー暗殺のため綿密な計画を立案するが、作戦成功には一つのミスも許されない計画だった。

第二次大戦中には何度か計画実行されていたヒトラー暗殺計画。その中でもモットの成功の確率が高かったと言えるのが、この作品が扱う1944年7月の暗殺計画。ヒトラーが助かったのが奇跡的といえるほどの事件でした。

作品の仕上がりは、ドキュメンタリー風で派手な演出をせずに事件を淡々と時系列で描いており、事件の全容を把握するのに分かりやすい作品になっています。

特に後半の爆破後の展開で作戦を指揮するシュタウフェンベルク達がどのようにして追い込まれていくのか、現地の状況を掴めないなかで、次々と事態が悪化していくのが印象的です。

トム・クルーズが演じるシュタウフェンベルク大佐が綿密な計画を立案しながら、彼自身の小さなミスが、事件を失敗の原因となることも皮肉な展開と言えば皮肉な展開でした。

シュタウフェンベルク大佐は切れ者の愛国心を持った男として描かれていますが、トム・クルーズが演じると雰囲気にぴったりあっているといえました。そして、トム・クルーズの持つ雰囲気として、『憂国の士』というような基本的は善人でありながら、目的のためには強い決意で、暗殺を実行しようとする軍人であるように見えました。

そのシュタウフェンベルク大佐が強い意志を持った軍人と言うのは、爆破事件計画を練っている段階から、その後の対応について決断力にかける、あるいは優柔不断といえる作戦の首脳陣の対応からもあぶりだされます。

事件そのものの顛末は広く知られているので、ラストに向かう展開はある程度予想されてしまうのですが、そこにいたる展開は、緊迫感を切らせることなく、しかも見ごたえのある展開です。

この作品を見て感じたことは、何をなすべきかを考えた時に、完全さを求めることが必ずしも成功の原因にならないということ。そして、必要な時に必要な決断を下すと言うことが如何に難しいかと言うことです。

派手さはないものの、ヒトラー暗殺と言う歴史の転換点となるかもしれない事件の顛末を見せてくれる、人間ドラマとしてみることの出来る作品でした。

http://www.valkyrie-movie.net/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

ワルキューレ@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆トム・クルーズ出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆ブライアン・シンガー監督作☆★☆★☆

|

« 今週はお勉強週間(ISMS審査員研修) | トップページ | 『アンダーワールド:ビギンズ』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/44499306

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワルキューレ』を見ました:

« 今週はお勉強週間(ISMS審査員研修) | トップページ | 『アンダーワールド:ビギンズ』を見ました »