« 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を見ました | トップページ | 『チェ 39歳別れの手紙』を見ました »

『マンマ・ミーア!』を見ました

かつての人気グループ『ABBA』の名曲をふんだんに使ったミュージカルを映画化した、『マンマ・ミーア!』を見ました。

ギリシャのエーゲ海に浮かぶ小島。結婚式を翌日に控えたソフィは、まだ見ぬ父親と共にヴァージン・ロードを歩くことを夢見ていた。父親が誰なのかを知らされていなかったソフィは、母親ドナの日記から、ドナのかつての恋人たち3人を結婚式に招待してしまう…。

ABBAの曲というのは世代を超えて愛されているのか、いまでもときどき耳にする。数年前にも『ダンシング・クイーン』が頻繁にテレビでかけられていたと記憶している。

そんなABBAの曲を使った見上げられたのが、ミュージカル『マンマ・ミーア!』。そしてその作品を映画化したのがこの作品。舞台版は日本では劇団四季が上演しており、人気プログラムと聞いている。

映画版では主人公のドナにメリル・ストリープ、ソフィーにアマンダ・セイフライド、ドナのかつての恋人に元007のピアーズ・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルドと中々の配役。

舞台では感じることのできない、エーゲ海の美しい映像をバックに結婚式までのドタバタぶりを、楽しませてくれる作品だった。

ほとんどの日本人にとっては、ノリのいいリズムと楽しそうに歌う役者たちを見ることでかなり楽しめる作品に仕上がっているのではないだろうか。

というのは、この作品『歌』についてすべて本人がうたっているのだが

、英語で歌われても正直うまい下手を聞き分けられない人がほとんではないだろうか。もちろんkain自身も聞き分けられなかった。

本職の歌い手ではないストリープやブロスナンの歌が舞台と比べればうまいとはいえないのではないかと思うが、幸か不幸か英語では…

さて物語は結婚式までの一日を描いており、テンポよく話が進み随所にリズムのいい音楽が流れ、それに合わせて役者たちが楽しげに踊っているので、見ているほうもつい曲を口ずさんでしまう。

元が舞台ということで物語に広がりは感じないが、本当の愛とは何かというテーマを面白おかしく見せてくれました。

とくにノリノリなのがメリル・ストリープで、御年60歳になるにもかかわらず、軽やかに踊る姿には恐れ入りました。演技力はさすがのもので、場面場面の表情がしっかりと演じ分けられているのは、アカデミー女優ならではでしょう。

アマンダ・セーフライドは私の記憶では『ミーン・ガール』ぐらいしか記憶がなかったのだが、この作品を見るとブレイクするのではないかと感じる。健康的で溌剌とした笑顔と美しい歌声に要注目です。

作品を見るだけでどんな暗い気持ちも吹き飛ばしてくれるような、楽しい作品です。できればABBAの曲を一度聞いてから劇場に足を運ぶとより一層楽しめると思います。

公式HP:http://www.mamma-mia-movie.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

マンマ・ミーア!@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆メリル・ストリープ出演作品☆★☆★☆

☆★☆★☆ミュージカル映画作品☆★☆★☆

|

« 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を見ました | トップページ | 『チェ 39歳別れの手紙』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/44284001

この記事へのトラックバック一覧です: 『マンマ・ミーア!』を見ました:

« 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を見ました | トップページ | 『チェ 39歳別れの手紙』を見ました »