« 『チェンジリング』を見ました | トップページ | 『7つの贈り物』を見ました »

『ジェネラル・ルージュの凱旋』を見ました

竹内結子&阿部寛のコンビが、病院でおきた事件を解決する医療ミステリ第二弾『ジェネラル・ルージュの凱旋』を見ました。

バチスタ事件を解決した功績により倫理委員会の委員長となった田口(竹内結子)の元に一通の告発状が届いた。内容は『救命救急センター長の速水と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長は共犯』というものだった。その直後に告発された医療メーカーの支店長・磯部が院内で自殺する。時を同じくして足を骨折して、厚生労働省の白鳥(阿部寛)が運び込まれてきた。

前作『チーム・バチスタの栄光』はミステリー作品としては今ひとつでしたが、竹内&阿部のコンビが独特の雰囲気を作り出し好評だったと言うことで第二弾として製作されたのがこの作品。

今回も田口&白鳥のコンビが復活し、独特なテンポで事件に迫りますが、近作のミステリー部分はテーマとして第2のテーマと言う扱いです。

それでは第一のテーマと言うと、現代の救急医療の問題と言えるでしょう。もちろんこのテーマに迫ることが事件に迫ることになるのですが、画面上で描かれるサスペンスシーンの迫力が、事件そのものの印象を弱くしています。

それにも増して、救急医療の問題を提起する速水を演じた堺雅人の演技力が圧倒的。恐ろしいまでの気迫を感じます。表情と言い、目力といい本当に救急医療に身を置いて、その問題に日々苦しんでいる最前線の医師の姿を見ました。

後半で大事故を迎える病院を描きながら、救急救命センターの問題点を一つ一つ取り上げる時には、思わず目頭を熱くするシーンが続きます。そして、速見の秘密の倉庫が開かれる時には、胸を熱くすること間違い無しです。

なぜ速見は告発されたのか?その内容は真実か?そんな物語の始まりですが、この作品を見ることで現代の医療現場の問題点も知ることが出来ると思います。

もちろん田口&白鳥の軽快な?推理も前作と同じように楽しめますが、今作では堺の迫力にかないませんでした。この迫力は是非スクリーンで味わっていただきたいと思います。

倫理委員会中にタイミングよく大事故が起きるのはちょっと都合よすぎる気がしますが、その後の展開を考えると必要な都合よさと考えましょう。

劇中で速水が言う『一つでも救える命』に対して、真摯であればあるほど、劇中のような医療と経営の問題を考えさせられました。

ジェネラル・ルージュと呼ばれる速見の真の姿は、そして何故彼は『ジェネラル・ルージュ』と呼ばれるのかと言う視点で見るのも面白いのではないでしょうか。

堺雅人のファンはもちろんですが、劇場で見る価値が十分にある作品ですので、決してお見逃し無いように!

絶対のお勧めです!

PS.ラストに白鳥の登場した時の、スタッフの姿が実に印象的で、大笑いしました。

http://general-rouge.jp/index.html

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

ジェネラル・ルージュの凱旋@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆竹内結子出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆堺雅人出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆原作者・海堂尊関係☆★☆★☆

|

« 『チェンジリング』を見ました | トップページ | 『7つの贈り物』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/44381440

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジェネラル・ルージュの凱旋』を見ました:

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ジェネラル・ルージュの凱旋] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年23本目(21作品)です。 チーム・バチスタの事件から1年後の設定です。 不祥事から立ち直りつつある東城大学付属病院で、「ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)」の異名をとる救命救急セン..... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 19時27分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作の海堂尊著『ジェネラル・ルージュの凱旋』は大好きー前作の映画(『チーム・バチスタの栄光』)は、原作の良さが出ていないし、ユルユルで苦手だったのだが(汗)、、、今回はどうかな?【story】チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 12時27分

« 『チェンジリング』を見ました | トップページ | 『7つの贈り物』を見ました »