« 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を見ました | トップページ | 『ミラーズ』を見ました »

『ハッピーフライト』を見ました

『ウォータボーイズ』『スウィングガールズ』の矢口監督が、空港を舞台に1機の飛行機が飛び立つ過程を描いた、『ハッピーフライト』を見ました。

ある日の羽田空港、ホノルル行き1980便には機長昇格最終試験の副操縦士・鈴木和博、初めての海外路線勤務のキャビンアテンダント、斎藤悦子が乗り組んでいた。そして1980便を定時運行させるべく、機内・空港内・地上整備のスタッフ達が働いていたのだが…。

矢口監督の作品と言えば、テーマに対してやたらと深いリサーチとその映像化がなされるのが特徴だが、この作品でも『飛行機オタク』もびっくりと言うようなマニアックな言葉が飛び交う。各用語をうまく解説をしてくれるので、飛行機に興味の無い方でも十分楽しめます。

とにかく1機の飛行機が飛び立つのにどれだけ多くの人がかかわっているのかが良く分かります。その意味で、空港で働く人の群像劇と言っていいのではないでしょうか。

その中で田畑智子演じるグランドスタッフ達の見えない苦労と言うか、縁の下の力持ちな仕事振りに感心し、思わず『がんばれ田畑智子!』と応援していました。

田畑智子はこう言うごく普通のOLなどをやらせると、本当にうまく、役に入り込んでいる演技が大変すばらしい。彼女の表情はがんばる女性の姿をうまく表現できています。

さて、機長昇格を賭ける鈴木和博を演じるのは田辺誠一。少し浮ついた副機長だが、厳しいと言われる時任三郎演じる原田機長に対して何とかいいところを見せようとするたびに、悪いところが出てしまうと言う役どころ。

初めは彼がドタバタを演じるのかと思ったがそうではなかった。

物語中でも語られるが、飛行機の事故発生率は自動車に比べればはるかに低いことは統計学的に証明されている。ただし、飛行機の場合は『1件』の事故での被害者数あるいは被害額ははるかに大きい。その為小さなアクシデントも見逃さない、緊急事態にも二重三重の安元対策を施すなどの事故防止策がなされているのだが、それをうまく運用することが出来るのもパイロットを初めとした航空機にかかわる人たちの訓練の賜物であることが、この作品を通してよく分かります。

緊急事態になったときの鈴木が次々と迫られる一つ一つの決断に的確な判断を下せるか否かは、彼が操縦する1980便に乗る全員の命を飽津かる子とを考えると、決して簡単なものではないと思います。

飛行機を飛ばすことにどれだけ多くの人がかかわっているのか、そのことをこの作品を通して知ることが出来ると言うのは、作品の価値としても十分価値のあるものがと思います。

しかもただ重苦しいだけでなく、飛行機を飛ばすために繰り広げられる悲喜こもごもの事件が、見ていて面白いものがあります。 CAの綾瀬はるかと吹石一恵のやり取り等は、憧れの職業から遠く離れた重労働であることが良く分かります

この作品はANAの全面協力の下で製作されているので、ANAの宣伝が強く出るのではないかと思いましたが、出来上がった作品には空港職員を含む航空関係者に対してのリスペクトを感じました。

公式HP:http://www.happyflight.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

ハッピーフライト@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆矢口監督作☆★☆★☆

☆★☆★☆田畑智子出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆田辺誠一出演作☆★☆★☆

|

« 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を見ました | トップページ | 『ミラーズ』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/43637342

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハッピーフライト』を見ました:

« 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を見ました | トップページ | 『ミラーズ』を見ました »