« 『デス・レース』を見ました | トップページ | 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を見ました »

『地球が静止する日』を見ました

往年の名作『地球の制止する日』を、キアヌ・リーブス主演でリメイクした『地球が静止する日』を見ました。

NYのセントラルパークに巨大な球体が飛来し、その中から一体の生物が現れた。宇宙からの使者・クラトゥと名乗る彼は、メッセージを世界の首脳に伝えたいというが、アメリカ政府ははそれを拒否してしまう。

オリジナルはだいぶ前に一度見たことがあるだけだったが、ややコミカルな部分のある当時の冷戦体制を風刺した作品だったと記憶しています。

リメイクされた『地球が静止する日』は作風を完全にディザスタームービーとして製作されました。その為、宇宙からの警告も地球と言う星を守るためと言うものに変えられています。

この点は環境問題に焦点を当てたほうが現代の社会情勢とマッチするのだろうと考えたのでしょうが、ラストの収束のさせ方とあわせて考えると、無理のある題材ではなかったかと思います。

キアヌ・リーブスは相変わらず無表情な二枚目役ですが、今回は少年との係わりなどを通じて考えを変えるのですが、どうもその過程が分かりにくかった。というより突然心変わりしたように感じた。その点はキャラをうまく表現できていなかった気がする。

同じことはジェニファー・コネリーにも言え、宇宙からの試写と入ってるけどもあまりにフレンドリー過ぎないか?、と突っ込みを入れたくなってしまう。

ただ、この二人を差し置いてダントツで納得できないキャラクターが少年・ジェイコブ。いくらなんでもこんな行動は無いだろと言うことをどんどんするし、都合が悪くなると『お父さんが恋しい』みたいなことを言い出すこのキャラには、さすがに辟易してしまった。

地球が襲われるシーンは今のCG技術を使い大迫力ですが、脚本自体がオリジナルと差別化に重きを置くあまり、メインテーマやキャラクターに深みを与えることが出来なかったのが残念です。

公式HP:http://microsites2.foxinternational.com/jp/chikyu/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

地球が静止する日@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆キアヌ・リーブス出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆ジェニファー・コネリー出演作☆★☆★☆

|

« 『デス・レース』を見ました | トップページ | 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/43621681

この記事へのトラックバック一覧です: 『地球が静止する日』を見ました:

« 『デス・レース』を見ました | トップページ | 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を見ました »