« 『ギャラクティカ』シーズン2発売開始! | トップページ | 『1408号室』を見ました »

『僕らのミライへ逆回転』を見ました

事故で消えてしまったVHS映画を、自分達で再現してしまうと言うコメディ映画、『僕らのミライへ逆回転』を見ました。

再開発地区にあるビデオ店の店員マイクは店長から留守を頼まれるが、トラブルメイカーのジェリーが強力な時期を浴びていたため、店のビデオがすべて消えてしまうと言う事態に陥った。しかし、そのことを隠すために二人が考えたのは自作自演で名作・旧作を撮影すると言うものだった。

この作品は映画好きが見ると、なんともいえない面白さを感じると思います。特に自分達で映画を撮影している場面は、自主制作映画などを作っているかのような楽しそうな表情で、学生時代に8mmで映画制作を行ったことのあるkainも、懐かしく思ってしまいました。

この映画制作の過程が本当に面白いのだが、同時に今の映画界を皮肉っていると言えるだろう。膨大な予算をかけた作品のオンパレードのハリウッド作品は、今では不可能はないと言うところまで映像化できるようになった。

しかし、その不可能な映像はCGを使ってある意味では偽の演技。それに対してマイクとジェリーの作る作品は、文字通り体を張り、アイディアを尽くした作品。自主制作映画の醍醐味はこの点で、今は大監督となった人たちも、元はアイディアを武器にハリウッドに乗り込んで成功を収めた人も何人もいます。

そんな映画と『撮る』と言う楽しみをこの作品は感じさせてくれます。

そして今回『スクール・オブ・ロック』以来のノリノリの演技を見せてくれる、ジャック・ブラックが彼の得意とする自己中心的な男を演じて、見事に作品を盛り上げます。なんというか、彼ならこんなことするかもしれない、とか、こいつならこうなってもおかしくないと思わせる怪演です。やはりブラックはメジャー作品よりはこういうインディペンデット系のほうがいい味出します。

後半に向けてマイクの思いが伝わってくる展開もラストに向けての大きなアクセントになっており、うまく纏まっていると言えます。

学生時代に自主映画を作ったりした人が見ると青春時代を思い出すだろうし、映画好きの人は『スウィーデッシュ(作品中で言われるリメイク作のこと)』される作品がどのようになるのかを楽しみに見てください。大きな宣伝などはされていないけど、決して損はしないお勧め作品です。

公式HP:http://www.gyakukaiten.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

僕らのミライへ逆回転@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆ジャック・ブラック出演作品☆★☆★☆

『スクール・オブ・ロック』が最高です!

|

« 『ギャラクティカ』シーズン2発売開始! | トップページ | 『1408号室』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/43373427

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕らのミライへ逆回転』を見ました:

« 『ギャラクティカ』シーズン2発売開始! | トップページ | 『1408号室』を見ました »