« 『僕らのミライへ逆回転』を見ました | トップページ | 【コマネタ】仕事用は来年も同じ手帳!でももう一つは… »

『1408号室』を見ました

1408

スティーブン・キング原作、ジョン・キューザック主演で部屋に宿泊した人が次々と謎の死を遂げる部屋を描いた、『1408号室』を見ました。

オカルト作家、マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)はある日、ニューヨークのドルフィンホテルから「絶対に1408号室に入ってはいけない」と書かれた一通の葉書が届く。そこの部屋は『宿泊した56人の客が全員一時間以内に死亡した』部屋であった。オリン支配人(サミュエル・L・ジャクソン)の止めるのも聞かず、マイクは1408号室に足を踏み入れた。

この作品アメリカでは昨年公開され、テーマと主演のキューザックに注目して公開を待っていた作品です。おそらくDVDスルーになる予定だったのが、『ミスト』のヒットにより劇場公開が決定したのではないかと考えています。

原作は短編と言うことですが、見終わった後は十分に満足できるオカルト・サスペンス作品でした。やはりキューザックの演技力が光ります。この作品のような謎に迫るときの彼の表情は恐怖感5割増、不思議感3割増です。とにかく表情の切り替えが上手く、恐怖を感じているのか、謎を解こうとしているのかが、場面場面でしっかりと演じ分けられています。

題名からも分かるとおり、殆どの場面がホテルの1室であるにも拘わらず、そこで起きることは流石にキング作品と言うほど色々な種が仕組まれています。シチュエーションホラーというと『ソウ』がありますが、怖い映画という大きなくくりではありますが、全く違って心理的な恐怖を感じる作品です。

何気なく壁に掛けられている画や、ベッドそばにあるラジオ、あるいは外を見ることが出来る窓とそこから見える光景、それらが実に恐怖を煽る道具として巧みに配置されていました。

また、物語の根本に安易な悪魔やのろいといった物を配置せず、止まった人間(今回の場合マイク・エンズリン)の、過去の心の傷を恐怖の中心に据えるなど、人の心を上手く作品に練り込むキング作品らしいところも、感心しました。

中盤に『まさか○○落ち』という展開を用意してましたが、ここはちょっと無理があり、引っかかる人はあまりいないのではないか、と思われますがこれも監督たちの演出でしょうかね。

部屋が何故呪いを宿すようになったのか等はハッキリとは明かされませんが、ラストシーンのキューザックの表情は、見終わった後にも色々と考えるネタになると思います。

kainのような出張が多くホテルに泊まることが多い人にとっては、もしかしたらこんな部屋に泊まることになったらどうしようと考えてしまう、身近な恐怖も感じられます。

ちょっと古風なオカルト映画としてなかなか良い出来の作品だと思います。

公式HP:http://room1408.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

1408号室@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆ジョン・キューザック出演作品☆★☆★☆

個人的には『"アイデンティティ"』がおすすめです。

|

« 『僕らのミライへ逆回転』を見ました | トップページ | 【コマネタ】仕事用は来年も同じ手帳!でももう一つは… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/43423453

この記事へのトラックバック一覧です: 『1408号室』を見ました:

« 『僕らのミライへ逆回転』を見ました | トップページ | 【コマネタ】仕事用は来年も同じ手帳!でももう一つは… »