« 『三本木農業高校、馬術部』を見ました | トップページ | 『3D センター・オブ・ジ・アース』を見ました »

『最後の初恋』を見ました

リチャード・ギアとダイアン・レイン共演で大人の恋愛を描く、『最後の初恋』を見ました。

エイドリアン(ダイアン・レイン)は友人のコテージ宿の留守番を週末だけ引き受けるためローダンテという海辺の小さな町にやってくる。その日、宿の唯一の客は医者のポール・フラナー(リチャード・ギア)。二人とも人生の重大な問題に向き合わなければいけない時を迎えていた。やがて嵐が近づくにつれ、ふたりはお互いに安らぎを感じ、やがて惹かれあう仲に発展する…。

共に結婚や仕事に問題を抱えている二人が、たった4日間の出会いで人生を大きく変えることになる、そんな大人の恋愛ドラマをしっかりとした演技で見せてくれました。

二人の共演と言うことで、現実にはありえない御伽噺と言う面もありますが、落ち着いた大人の演技はさすがにうまいなと感じます。

その上で、演出も考えられていて、古ぼけたコテージやラジオから流れるBGM、レコードが奏でる音楽と、レトロと言っても良い道具類が二人の間を取り持ちました。

そして、海辺と言うロケーションで、海の表情をうまく使って二人の関係を色で表現していました。これについては、少し考えすぎかもしれません。

ギアとレインの二人は感情によって一気に突き進む若者の恋愛物語と違い、一歩一歩を探り探り進んでいくような、少し臆病とも取れるような恋愛を演じます。そして、嵐の夜には一気に情熱的な関係になるなど、その切り替えは見事としか言いようがなく、さすがはベテランです。

物語としては大人になっても人生には色々な問題があり、それを乗り越えなければいけないと、そして乗り越えることは必ずしも回りの考えと一致しないことが、決断することの難しさにつながるなど、若者のような情熱一辺倒の生き方とはちょっと違う点を見せてくました。

恋愛は女性を美しくすると言いますが、メールでやり取りする時の姿は、10代の少女のようなかわいらしさが出ていました。その時は母であることを忘れて恋する情勢の姿でした。これだけ素敵な『おばさん』になれる人はいいですね。

この作品はしっとりとした大人の恋愛を、甘いロマンスで綴った、大人のための恋愛映画ですので、ご夫婦でご覧になってはいかがでしょうか。

http://wwws.warnerbros.co.jp/nightsinrodanthe/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

最後の初恋@映画生活

(V)o\o(V)

☆★☆★☆ダイアン・レイン出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆リチャード・ギア出演作☆★☆★☆

|

« 『三本木農業高校、馬術部』を見ました | トップページ | 『3D センター・オブ・ジ・アース』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/42993597

この記事へのトラックバック一覧です: 『最後の初恋』を見ました:

» 「最後の初恋」もお、イイお歳です…(^^;。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 リチャード・ギア、ダイアン・レイン何と3度目の共演。「最後の初恋」(ワーナー・ブラザース)。『カッコイイ!』『SEXY!』とか言われていたご両人も、気が着きゃ59歳と43歳(見えね~!)。本作は、中高年に捧げる(?)、ロマンティック・ラブ・ストーリーになっております。  アーティストの夢を捨て、結婚したエイドリアン(ダイアン・レイン)。しかし数年が経ち、夫は愛人を作り家出。思春期で反抗期の娘と、喘息を抱える息子との日々の暮らしに奮闘するも、次第にその生活に疲れを感じていた。そんな或る... [続きを読む]

受信: 2008年11月13日 (木) 13時30分

« 『三本木農業高校、馬術部』を見ました | トップページ | 『3D センター・オブ・ジ・アース』を見ました »