« 『ラスマニノフ ある愛の調べ』を見ました | トップページ | 『ギャラクシー・クエスト』は如何でしょうか? »

あなたも映画を作れるかも P.O.V作品ブームが来た――ぁ!

  

映画というと、作られた映像という事は周知のことだと思う。一方で家庭などでは、ホームビデオなどにより子供の成長や趣味の映像を、個人で楽しんでいる人も結構いる。

家庭での映像の楽しみ方はかつての写真からムービーとなり、携帯電話に動画撮影機能がついた現在では、何時でもどこでも映像を記録できる時代となっている。

映像作品の分野にはドキュメント作品というのがあるが、これはありのままの映像をカメラに収め、それを編集して一つの作品とする。

そんなドキュメンタリー風の映像で架空の物語を展開するのが、最近話題になることが多いP.O.V(Point of view)の作品。

P.O.V作品は基本的に一人称の映像で、一つの事件などを追う。その為、個人の体感できる範囲内の情報しか提供されないため、見ているほうとしてもカメラを通して、映画の中の事件を疑似体験できるというものである。

このP.O.V作品が注目されたのは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』。魔女伝説を取材する学生たちが行方不明になり、1年後に彼らの持っていたビデオカメラが発見されたというもの。

そこに描かれる映像は一見変化の無い映像のようだが、情報が遮断された中で次々と起こる恐怖体験が、リアルかつ具体的に伝わってくる。インターネットを巧みに利用したプロモーションとあいまって、真実ではないかとまで言われたホラー映画だった。

そして、同種の邦画作品として『ノロイ』。こちらもある心霊伝説を取材する作家の回すビデオということで、『ブレア~』同様に見る側も与えられた映像から事件を推測し、疑似体験できる恐怖作品だった。

今年には『クローバー・フィールド』という、P.O.V作品としては、異例の大予算を投入した、怪獣P.O.V作品が登場し、大ヒットを記録した。この作品は音響のよい映画館で見ると、本当に巨大怪獣に襲われた都市の状況を体感できる。

このほかにもスペイン映画の『REC』や公開間近のジョージ・ロメロ監督の『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』などP.O.V作品ブームが次々世発表され、ブーム到来といえるだろう。

確かに今までは第三者的に見ていた映画を疑似体験できるP.O.V作品は、今までに無い可能性を秘めた映像手法である。しかし、視点が一人に固定されることから、物語に広がりを生ませるための工夫が必要となったり、事件の全容がどのようなものか分かりにくくなったりするのが欠点ではないだろうか。

また、『クローバー・フィールド』などはその魅力を家庭で楽しむためには、それなりのAVシステムが必要だ。繰り返し見る場合には、大ネタが分かってしまっているだけに、初めてみたときの衝撃を感じる事はできないだろう。

もう一点、素人がまわすビデオという設定の場合、手振れが大きく人によっては車酔いのようになり具合が悪くなるというのも欠点だろう。この手振れの有る無しは、画面からの緊迫感を盛り上げる要素ではあるが、それを見づらいという人もいるだろう。『ノロイ』はこの傾向が顕著で、見たいものになかなかピントが合わなかったり、すぐにフレームアウトしてしまったりというのが多い。

私は未見であるが、『REC』はこの点、TVレポータを追うTVカメラマンという設定で、手振れをなくしていると聞いている。DVDが出たときにぜひ確認したいと思っている。

P.O.V作品はビデオゲームの影響が大きいのではないかと思う。ビデオゲームの世界では、『バイオハザード』などの3Dシューティングで、ゲームの世界を疑似体験できるソフトは、かなり前から存在した。

物語としての映画をベースに、その世界観を取り込んできたゲームというのもかなり存在したが、P.O.Vに関してはそのアイディア自身がゲームの世界から映画の世界に取り込んだのだと思う。映像を通して事件を疑似体験するということ自体、もともとはゲーム世界が得意としている分野。

もちろん『クローバー・フィールド』は私も大変気に入った作品であるし、『ブレア~』や『ノロイ』も劇場で見てとても恐ろしかったのを覚えている。

しかし安易にブームに浮かれた作品が出てくると、せっかく誕生したP.O.V作品という分野が、立ち枯れてしまう可能性も考えてほしいと思う。

まあ、そんな小難しいことを考えずに、怪獣に襲われたり、恐怖体験をしたり、ゾンビに襲撃されたりすることを楽しむことが出来る作品と思ってぜひ一度はご覧になってみてはいかがでしょうか?

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

kain

|

« 『ラスマニノフ ある愛の調べ』を見ました | トップページ | 『ギャラクシー・クエスト』は如何でしょうか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/42517272

この記事へのトラックバック一覧です: あなたも映画を作れるかも P.O.V作品ブームが来た――ぁ!:

« 『ラスマニノフ ある愛の調べ』を見ました | トップページ | 『ギャラクシー・クエスト』は如何でしょうか? »