« 『アキレスと亀』を見ました | トップページ | 『アイアンマン』を見ました »

『デトロイト・メタル・シティ』を見ました

人気漫画を原作に、松山ケンイチ主演で製作された、『デトロイト・メタル・シティ』を見ました。

大分からポップ歌手を目指して上京した根岸は、プロダクションの方針でデスメタルのグループ『デトロイト・メタル・シティ』のボーカル、ヨハネ・クラウザー2世としてデビューする。しかもそれが大当たりし、デスメタル界のカリスマとなってしまう。

この作品の監督・李闘士男は、『お父さんのバックドロップ』で熱い親子愛を描き、面白い作品に仕上がっていた。今回の作品も、原作漫画のイメージを見事に映像化していて、原作ファンにも納得の出来る作品に仕上がっているのではないだろうか。

作品の肝は、自分の目指す方向とはまるっきり別の方向で評価されてしまい、辞めるに止められなくなってしまうこと。しかも、自分が目指す方向では全く評価されないにも拘らず、デスメタルではやることなすことすべて評価されてしまう有様。

松山ケンイチが、クラウザーさんと根岸君のキャラを見事に演じ分けていて、見ていてとても面白かった。これは原作のイメージに合致しており、しかも根岸の時のおかまっぽい動きや台詞回しも完璧に表現されていたと言っても過言ではない。

もう一人、松雪泰子の演技がすごい!原作の社長もぶっ飛んでるが、松雪泰子演じる社長はそれ以上。デスメタル界を裏で仕切っているのはこの人ではないか?と言うほどの迫力。この社長の前では、クラウザーさんと言えども、釈迦の手のひらで暴れまわる孫悟空のようなものでしかない。

この二人はかなり楽しんで演じていたのではにだろうか。

原作を大事にしたので、見せ場が連続しているが、それなりにテンポよく描かれているので、決して飽きることはないと思う。ただ大きな山場と言うものがはっきりとしないように感じることは否めない。

せっかくジーン・シモンズを登場させたのだから、もっと彼の出番があっても良かったのではないだろうか。

またやや無理がある展開として、都合よくクラウザーさんに変身してしまうこと。あの衣装は小さな鞄などには入らないと思うが…

もうひとつ、加藤ローサはあんなパンツははいてないと思う(←超個人的見解)

『デトロイト・メタル・シティ』の楽曲を、原作どおりの歌詞でしっかりと音楽に下げたのはすばらしいの一言。さぞ大変だっただろうが、迫力は満点。ライブ会場のシーンではやや音量が高く調整されていることもあり、一緒に会場にいるかのような一体感を感じた。

作品は娯楽作品として十二分に楽しめる物に仕上がっており、頭を空っぽにして、クラウザーさんをお楽しみください。

http://www.go-to-dmc.jp/index.html

デトロイト・メタル・シティ@映画生活

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

多くの人が映画の感想を書いていますので、ご覧になってみてください。

kain

☆★☆★☆李闘士男監督作品☆★☆★☆

☆★☆★☆松山ケンイチ出演作☆★☆★☆

|

« 『アキレスと亀』を見ました | トップページ | 『アイアンマン』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/42627675

この記事へのトラックバック一覧です: 『デトロイト・メタル・シティ』を見ました:

« 『アキレスと亀』を見ました | トップページ | 『アイアンマン』を見ました »