« JAL対ANAの場外乱闘? | トップページ | 『アキレスと亀』を見ました »

『闇の子供たち』を見ました

タイの児童虐待や臓器売買の問題を取り上げた、『闇の子供たち』を見ました。(一部、ネタばれがあります)

タイで現地駐在として記者をしている南部(江口洋介)の元に、違法な臓器移植がタイで行われるという情報が届く。取材を進めるうちに、心臓移植の臓器提供者が、生きたまま臓器を摘出されている実態をつかんだ。一方、日本からNGOのボランティアに来た恵子(宮崎あおい)はタイの児童買春の実態を知り、子供たちの救出を手伝うようになる。

日本でも、違法な臓器移植を取り上げるニュースなどが年に何度か見られるが、タイなどの東南アジアでは、この作品で取り上げた違法な臓器移植が闇のビジネスとして盛んだという話である。

もちろんこの違法行為を行うのは、貧困からくる政情不安や社会不安などを背景に、子供を労働力や商品として売り買いしなければならない貧困層、それに付け込むマフィアといった違法組織がその資金源としているわけであるが、その一方で作品中でも触れられている、『需要』があることも大きな問題である。

その点は新聞記者という報道機関に身をおく者の視点として展開されるが、それゆえの限界と、『海外で起こっていること』という意識が見え隠れしてしまう現実が描かれていた。

劇中で『一人の子供も救えないのか?』という問いかけに、『伝えることも、救出のための1つだ』と強弁するが、そこには個人の問題とは切り離されたジャーナリズムの限界を感じた。

この作品が取り上げるもう1つが児童買春とその子供たちの境遇。根本は貧困が引き起こす悲劇であるが、現実の前には、宮崎あおいが代弁する、道徳的な正義を振りかざす事の無力を感じた。

売春をさせられた末にエイズとなり、ゴミ袋に入れたまま捨てられた子が、何とか帰り着いた実家で迎える悲劇には、貧困が引き起こす心の荒廃が、人間を鬼のような所業を平気で出来る動物に変える現実を見せ付けられた思いである。

タイという国が抱える問題をしっかりと理解したうえで、『子供一人も救えないのか?』の問いかけに、対処する方法を考える必要がある。

作品の序盤、恵子の所属するNGOに救出を求める手紙が届いたとき、『すぐに警察へ』という言葉に、タイ人の冷ややかな目が向けられる。日本と違い、現地警察が犯罪組織と深く繋がっていることを理解していないことを見透かされている訳である。

またボランティアに来た目的で『なぜタイなのか?』という問いかけも、外国人が『需要側』となって犯罪に加担しているということを知っている人にとっては至極当然の疑問なのだろう。

マフィアの一人が言うように、『金に飽かせて好きほうだい、お蔭で売春ツアーなど大繁盛』している現実。一方で人権だとか、子供の安全を訴えて活動する。そんな欺瞞も、現実なのである。

その矛盾を最も端的に表しているのが南部である。ラストで明かされる真実。いわば弱みに付け込んだ違法行為。海外なら大丈夫といった『旅の恥は書き捨て』的な考え。これこそが我々に突きつけられた大きな問題ではないかと感じる。

江口洋介の心の闇を抱えた表情は、作品中ではタイの子供たちに対しての苦悩かとも思えるが、実は自らに向けられているという複雑な役どころを、うまく表現していた。

そして今回も、宮崎あおいの親しみのわく笑顔は印象的であったが、ラスト直前彼女が見せた『自分に言い訳したくない』と行ったときの表情がもっとも印象的であった。

この一言を言ったときに彼女は日本人という『殻』を脱ぎ捨て、タイに住む一人の人間として生きていく決意をしたのだと感じた。

過激な描写はあるが、子供に対する虐待を直接描かないように注意したということであるが、そこに描かれるのはまるでドキュメンタリーのような迫力と説得力。

そこで日本人として何かをすべきではないかというのが、作品が熱く問いかけてくる社会派の作品です。今年、これを見ないと絶対に大きな損失です。

PS.エンディングに流れる、曲を聴きながら悲劇の姉妹が楽しそうに遊ぶ姿に、涙が止まりませんでした。

http://www.yami-kodomo.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

@With 人気Webランキング(1クリックお願いします)

闇の子供たち@映画生活

kain

☆★☆★☆宮崎あおい出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆江口洋介出演作☆★☆★☆

☆★☆★☆阪本順治監督作☆★☆★☆

|

« JAL対ANAの場外乱闘? | トップページ | 『アキレスと亀』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この国にも幼児「買春ツアー」があると,
噂には聞いたことがあります。
現地の人が日本人を相手に「売春」の商売をしているという噂と同時に。
火のない所に煙は立たないだろうと思います。
そのツアーに参加する人たちは,
やはり子どもの親なのでしょうか…

投稿: KangKuSeong | 2008年9月26日 (金) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/42591579

この記事へのトラックバック一覧です: 『闇の子供たち』を見ました:

» タイの人身売買・臓器売買描く『闇の子供たち』、バンコク映画祭で上映中止 [まことの「ま」]
映画『闇の子供たち』を観た。 タイを舞台に,幼児売買春,人身売買を扱った映画です [続きを読む]

受信: 2008年9月25日 (木) 22時59分

« JAL対ANAの場外乱闘? | トップページ | 『アキレスと亀』を見ました »