« 『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』を見ました | トップページ | 【DVDお買い得情報】『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 »

『ベガスの恋に勝つルール』を見ました

一夜で意気投合して結婚した二人が、スロットで当てた300万ドルをめぐってのどたばたを繰り広げる、『ベガスの恋に勝つルール』を見ました。

恋人にふられたジョイと、親の会社を首にされたジャックは憂さ晴らしのためにラスベガスへ。そこで偶然であった二人は意気投合した結果、朝には夫婦となっていた。結婚無効を申し立てることで合意した二人だが、1枚残ったコインでスロットをしたところ大当たり、300万ドルをめぐる戦いが、始まるのだった。

ラスベガスといえば、世界でも有名な歓楽の町。華やかなカジノや色々なアトラクションつきのホテルなど、大人の遊園地といっても過言ではない町。そこで浮かれすぎた二人を演じるのが、やり手の株トレーダー、ジョイをキャメロン・ディアス。大人になりきれないだめ男にアシュトン・カッチャー。

二人が繰り広げるドタバタ劇は、台詞などを考えるとやや大人向けである。しかし、美男美女の二人が繰り広げると、なんとなくおしゃれに感じる。これが主演の二人が40代だったら、少し違ったものになるだろう。

表情をうまく操るディアスが、今回もキュートである。kainが特に気に入っているのは、CMでも使われた、スロットの賞金を受け取る際に、指を立てて指輪の存在をアピールするシーン。にこやかな笑顔の影にどんな思惑があるのやら…

ディアスは、ラブコメにも多数出演しているが、その中でも必ず存在感を感じさせる。特に場面に応じた表情やしぐさをしっかりと演じ分けている事は、高く評価したいと思う。

今作でもベガスの夜の弾けっぷりといい、後半の自分の気持ちをうまく表せない時の表情といい、なんとも言えずかわいく写っている。個人的にも彼女のようの笑顔の女性は大好きである。

対するアシュトン・カッチャーは、やや童顔と思うやさしい表情で、女性人気が急上昇中。今作でも、根は前任で、悪戯ならするが、悪人にはなりきれない男という役割が、ぴったりとはまっている。

この美男美女が300万ドルをめぐって、『いかに自分に有利になるか』を争うというこの作品を、陰湿にならずに見ることが出来る。しかも、二人のやる事はかなり過激なことから、子供の悪戯レベルまで何でもありで、結構笑う部分もある。

おそらく大方の人はこの作品の結果がおおよそ予想できるだろう。ハリウッド製ラブコメの教科書のような展開が繰り広げられるので、カップルや友人同士で見に行くには楽しい作品です。

従って、ディアスが株トレーダーに見えないとか、カッチャーがダメ男にしてはたくましすぎるとかいうのはご法度。シンデレラ等のように、夢の世界を描いているものとしてみるのが正解です。

そして、いい味を出しているのがクイーン・ラティファ。こんなカウンセラーがいたら、だますことは考えられないし、ちょっと迫力ありすぎで怖いくらいです。

まあ、男と女は何がうまくいくのかについて、100%の正解はありませんから、こんな夢のような組み合わせの二人がめぐり合うこともあるかもしれないと思って、作品を楽しみましょう。

ちなみにkainなら、ディアスと結婚できるなら1日でも幸せだと思います…

http://movies.foxjapan.com/vegas/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

↓キャメロン・ディアス&アシュトン・カッチャー出演作↓

|

« 『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』を見ました | トップページ | 【DVDお買い得情報】『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/42168632

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベガスの恋に勝つルール』を見ました:

« 『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』を見ました | トップページ | 【DVDお買い得情報】『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 »