« 『ザ・マジックアワー』を見ました | トップページ | 『ダークナイト』を見ました »

『ハプニング』を見ました

M・ナイト・シャマラン監督最新作『ハプニング』を見ました。

NYのセントラルパークにいた人全員が、突然死亡する事件がおきた。謎の事件は徐々に市内に広がっていった。高校教師のエリオットは家族とともに、NYを脱出するが、謎の死をもたらす事件は郊外へと広がり、エリオットたちもその危機に襲われる。

どんでん返しが見事だった『シックス・センス』以来、シャマラン監督の作品は今ひとつ物足りない作品が多くなってしまいました。特に前作『レディ・インザ・ウォーター』は、自己満足だけの作品となっていました。

しかし、『ハプニング』ではじわじわと謎の事件に巻き込まれ、混乱の中で生き延びようとする人間を、緊迫感たっぷりに描いています。

同じような導入部の展開は今年公開された『ミスト』と似ていますが、その後の展開が、『ハプニング』では事件の謎に迫るミステリー風に展開します。その一方で離婚の危機を迎えた夫婦を主人公に置き、友人の子供を預かることになることで、家族の再生あるいは人のつながりによる新たな家族の形を物語の中に織り込んでいました。

謎の死についても、初めは本当に突然起きますが、徐々に関連のありそうな表現が加えられていくので、中盤には『ああ、なるほど』と言う感じで進み、『サイン』の時のような無茶な展開でないことも、好感が持てます。

ただ、最後まではっきりと原因を描かなかったのは、ちょっと物足りなかったかも。ラストを考えると、事件が収束した理由とも整合が取れなくなる気がしました。

ストーリー的にはエリオットが少しずつ事件を解き明かしていくことで進むのですが、そのたびに人が死んでいきます。しかもその描き方がグロに近い部分もあるので、血を見るのが苦手な人には向かない作品かもしれません。

登場するキャラクターの描きこみが少なく、各キャラの言動に感情移入できない部分はありますが、ミステリーホラー作品としては楽しめる作品だと思います。

http://movies.foxjapan.com/happening/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『ザ・マジックアワー』を見ました | トップページ | 『ダークナイト』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/42129594

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハプニング』を見ました:

« 『ザ・マジックアワー』を見ました | トップページ | 『ダークナイト』を見ました »