« 『奇跡のシンフォニー』を見ました | トップページ | 『僕の彼女はサイボーグ』を見ました »

『クライマーズ・ハイ』を見ました

1985年の日航機墜落事故を取材した、新聞記者たちの1週間を描く、『クライマーズ・ハイ』を見ました。

1985年の8月12日、群馬県の御巣鷹山にJAL123便が墜落。航空機事故史上最大最悪の、日航機墜落事故である。群馬の地方紙・北関東新聞の記者達は総力を挙げて取材をするが、様々な問題に直面する。

この日航機事故もすでに23年が過ぎ、直接この事故を知らない世代も増えてきているといわれる。当時、夕方に飛び込んできた子のニュースは、その日のうちに機体の墜落場所を特定できない上、翌日になり発見されても、救助隊が到着できるのが夕刻になるなど、日本にもいまだ人の入ることが難しいところに墜落し他のだということを、TVからの情報だけで感じたものでした。

しかも初めは不時着したという情報もあり、『生存者が多数いるのでは』と言う期待もありながら、4人救出にとどまるなど、航空機事故の一部始終がTVで報道され続けた事故でもあります。

作品でも同じで、全国紙に遅れを取るまいと意気込む記者連中だが、あまりの事故の大きさに圧倒され、混乱を極める編集部。しかし、地元紙としての維持と、郡までの事故を性格に報道したいとする瀬戸際のせめぎ合いが、実に迫力ある映像で表現されていました。

この貴社を演じる人たちの全員が、実に良い演技をしています。編集部にあり冷静に記事をより分ける悠木を演じる堤真一。いち早く現地を取材し、その惨状を取材する、狭山(堺雅人)と神沢(滝藤賢一)。そして記事の行き過ぎや他のニュースとのバランスを取る局長達。

これらの人たちが、それぞれ血の通って人間として描かれており、大変見ごたえのある作品でいた。

また、あまり一般の人が目にする機会のない、新聞の発行現場の雰囲気も、やや誇張している気もしましたが、リアルに描かれていると感じました。

そして、最大の見所は事故原因を特ダネとして記事にするのか、しないのかのシーン。公共の情報機関としての新聞の役目と、他の新聞社達のとの競争に勝つか負けるかの現場。その中で下される決断までの展開は息が詰まりそうな緊迫感でした。

監督の原田眞人氏は『金融自縛列島』でも、人々のせめぎ合いの中で意見を戦わせる作品を取っていますが、今作でもその力を遺憾無く発揮しているといえます。

今年見た作品の中ではベスト3に入れたい作品です。ぜひとも劇場で見ることをお勧めします。

http://climbershigh.gyao.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『奇跡のシンフォニー』を見ました | トップページ | 『僕の彼女はサイボーグ』を見ました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/41798912

この記事へのトラックバック一覧です: 『クライマーズ・ハイ』を見ました:

« 『奇跡のシンフォニー』を見ました | トップページ | 『僕の彼女はサイボーグ』を見ました »