« 『ランボー 最後の戦場』を見ました | トップページ | 『つぐない』を見ました »

『P2』を見ました

大都会のビルの中、地下駐車場に監禁される女性を描いた、サスペンス作品『P2』を見ました。

クリスマスの夜、アンジェラは残業で遅くなり、ビルに取り残されてしまった。地下駐車場で連絡を取ろうとしていたところを、警備員のトーマスに襲われ、そのまま地下駐車場にある警備員室に監禁されてしまう。一方的にアンジェラに好意を寄せるトーマスは、次々と常軌を逸した行為を繰り返す。

ビルに監禁されるというと、アクションの名作『ダイ・ハード』でも取り上げられたシュチュエーションであるが、普段ではもぬけの殻になることの無いオフィスビルでも、クリスマスなどの特殊なイベントの日に限り、密室を形成することが出来る環境であろう。

この作品ではさらに範囲を絞って、地下4階までの地下駐車場でのアクションが繰り広げられる。

さて、作品の中身は監禁された女性が、いかに逃亡するかということですが、その過程で様々な知恵比べを見せてくれます。ただ、監禁者であるトーマスにしても、アンジェラにしてもやや脇が甘いという感じがします。その点では、展開が予想できる部分があります。

ただ、緊迫感は良いと感じるものがありました。とくにアンジェラがトーマスの心理を読んで、時に従順に従いながら隙をうかがい、何とか逃げようとする部分は、登場人物が少ないこの作品で、しっかりと描けた部分といえるでしょう。

また、ビルや駐車場にある、身近なアイテムをうまく利用した監禁&脱出劇は考え抜かれた面白いアイディアと感じます。

ただし、この作品『R-18』指定でも分かるとおり、かなりの残酷描写がありました。しかし、『その必要性が果たしてあるのか?』というと、疑問を感じざるをえませんでした。

主演のレイチェル・ニコルズが、かなり露出度の高い衣装で、これでもか、といわんばかりに豊かなバストを強調している点が、なかなかエロティックでした。

サスペンス作品としては、まあまあの出来なんですが、残酷描写と主役の衣装のために、正統派B級映画というものに仕上がっています。

http://www.p2-movie.jp/

P2@映画生活

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『ランボー 最後の戦場』を見ました | トップページ | 『つぐない』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/41419407

この記事へのトラックバック一覧です: 『P2』を見ました:

« 『ランボー 最後の戦場』を見ました | トップページ | 『つぐない』を見ました »