« 『ブラックサイト』を見ました | トップページ | こんな作品が上映されるだけでも、奇跡的だった »

『相棒 -劇場版 -』を見ました

水谷豊&寺脇康文共演のTVシリーズがヒットしたことを受け、劇場版が製作された、『相棒 -劇場版 -』を見ました。

殺人の現場に謎の記号を残していくという連続殺人事件が発生。狙われた女性議員を警護する役が、特命係に回ってきた。右京は残された記号がチェスの棋譜であることに気づく…

TVシリーズの延長として製作された『相棒-劇場版-』。当然、TVシリーズを見ていることを前提として製作されている為、キャラ設定などは説明されていないので、シリーズ未見の方はネットなどで、人間関係などを捕まえておいてから、見に行くほうがいいでしょう。

ストーリー的にはTVシリーズと同じように、犯人に翻弄される警察と、それを尻目に独自の捜査で犯人に迫る特命係の二人、そして犯罪の裏にある真の犯罪、と言う構成。TVシリーズのファンは安心してみることが出来るでしょう。

今回は豪華なゲストが勢ぞろいですが、そのキャラたちもTVシリーズに登場しているので、その時の事件を知っている人には2倍も3倍も楽しめると思います。

さて、そのように楽しめる作品に仕上がってはいるのですが、残念ながら『映画』と言う視点で見ると脚本の練りこみが弱いと感じます。

まず、豪華ゲストを用意したのはいいですが、それらの中には必要性の殆どないキャラがおりました。得に松下由樹演じる武藤弁護士(TVシリーズ登場済み)のために時間を取った部分は、何の必要性があったのかと、見ている段階で感じていました。

そのほかにも、状況を説明するためだけのキャラなどが多く登場し、話がとっちらかった印象です。また場面転換のつながりが(特に前半)わるく、TVで放送する際にCMを入れる時間に出来るな、と感じてしまいました。

そして、犯罪の構成についても見終わった後に、大きな矛盾を感じました。『真の犯人』の目的を考えると、連続殺人にする必要性もなかったと思うし、チェスを利用して、警察を挑発する必然性も無いと感じます。

最も脚本の練りこみがなされていないと感じたのは、ラストの展開です。あの展開が、『真の犯人』の意図を汲んだ物なのか、それとも以前より議員が考えていた事なのかはっきりしないため、考えによっては『真の犯人』の犯罪自体に、『無駄』の印象を持ってしまいます。

この作品での見所は、西田敏行の迫力ある演技です。これは映画館の大画面で見るだけの価値ある演技で、思わず引き込まれます。この西田敏行と水谷豊の絡みは、ベテランの気迫を感じます。

作品としてみると、昨年ヒットした『アンフェア』の影響を受けちょっとアクションの要素を取り入れすぎたような気がします。TVシリーズも見ていたkainとしては、アクションよりも『刑事コロンボ』のような、犯人との推理ゲームの要素を巧みに描いた脚本のほうが、面白かったのではないかと思います。

『映画』としてみるのはややつらいのですが、GW期間に家族手見にいけるお勧め作品だと思います。TVの2時間ドラマのように感じで、お気軽に見に行くことをお勧めします。

http://www.aibou-movie.jp/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『ブラックサイト』を見ました | トップページ | こんな作品が上映されるだけでも、奇跡的だった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/41059896

この記事へのトラックバック一覧です: 『相棒 -劇場版 -』を見ました:

» 話題の映画、初日で興収2億超え [ニュースプラス]
水谷も「新聞に『大ヒット公開中』と出ているのは、たまにウソがありますが、相棒は本当。大ホームランですよ」と自信を見せていた。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 14時59分

« 『ブラックサイト』を見ました | トップページ | こんな作品が上映されるだけでも、奇跡的だった »