« 『ファイナルディスティネーション4』はどうなる? | トップページ | 『相棒 -劇場版 -』を見ました »

『ブラックサイト』を見ました

ネットに開設された、殺人サイトを巡り捜査を進めるFBIと犯人の駆け引きを描いた『ブラックサイト』を見ました。

サイバー犯罪を捜査するジェニファー・マーシュ(ダイアン・レイン)は、ある日地元警察よりひとつのサイトの調査を依頼される。『Kill with me』と題されたそのサイトは、一匹の猫の虐待映像をライブで流し続けた。いったん接続できなくなったそのサイトは、数日後に再開され、今度は人間を虐殺する映像が流れ始めた。

ネット犯罪を取り上げる作品は、最近よく見られますが、この作品はサイバー犯罪と言うよりも、ネットを使った復讐犯罪がテーマです。その意味ではネット犯罪を、知識を駆使して解決するような展開を期待すると、ちょっと肩透かしを食います。

雰囲気としては『羊たちの沈黙』に近いと感じました。

作品中の描写は『ソウ』などの影響を受けたのか、かなり残酷な描写がありますので、その手の映像が苦手な人にはお勧めできません。

ストーリーは初めは猟奇的な犯罪と思わせる導入部といい、捜査が進むうちに、少しづつ犯人の意図が解明されながら、危険は操作する捜査官に及ぶなど、最近の犯罪サスペンス作品の中ではとても良い出来でした。

また、ダイアン・レインが力強い女性を演じているのも好感が持てます。

ただ、犯人像に関してはもう一捻りほしかったのと、捜査方法にも科学捜査の手法を使うなど綿密な描写を入れたほうがよりリアルに感じる気はします。

犯罪を扱う作品は、あまり綿密な犯罪実行描写を見せると、実際にそれを真似するやからが出てしまう心配もあるので、どうしても犯罪描写に関してはあいまいにせざるをえないのですが、この作品の場合、犯人の動機立てなどがやや短絡的な気がします。

また捜査方法についても、現代の科学捜査の手法などを描く部分がかけていて、旧来の捜査に終始しているように見えてしまったのは、主役たるマーシュが現場捜査官ではなく、基本的にはバックヤードでの捜査を担当していることを考えても、物足りなく感じます。

やや細かい部分は粗が見えましたが、サスペンス映画としての完成度は高い作品で、この手の映画が好きな人には必見の作品だと思います。

http://www.sonypictures.jp/movies/untraceable/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『ファイナルディスティネーション4』はどうなる? | トップページ | 『相棒 -劇場版 -』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/41053286

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラックサイト』を見ました:

« 『ファイナルディスティネーション4』はどうなる? | トップページ | 『相棒 -劇場版 -』を見ました »