« 『犬と私の10の約束』を見ました | トップページ | 『ガチ☆ボーイ』を見ました »

『バンテージ・ポイント』を見ました

大統領暗殺事件を異なる8箇所の視点から捉え、その全容を明らかにしていく『バンテージ・ポイント』を見ました。

スペインで演説を行おうとしたアメリカ大統領を1発の銃弾襲った。シークレット・サービスのトーマス・バーンズをはじめ目撃者は8人。それぞれの視点から見る事件の断片には大きな陰謀を解く鍵が隠されていた。

1つの事件を異なる視点から見ることで、少しずつ事件を解き明かしていくというアイディアには脱帽である。特にラストに向けて重要なポイントを、実は初めに提示しているあたりは、なかなかうまいと感じた。

ただし、作品中の見せ方についてはもう一工夫あってもよかったかも。実時間で30分程度のため、作品中も20分ぐらいで視点が変わるのだが、その度に事件の初めから終わりまで見せるため、同じような場面を何回も見せられてしまう。この辺の展開があまりテンポがよくない。

また、前半は特にそうなのだが、大きく物語が動きそうなところで視点が変わってしまうので、かなりフラストレーションがたまることもあった。

後半になると、少しずつ事件の全容が見えてくると同時に、収束に向けて物語がハイテンポで動いていき、しかも事件の隠された部分も明らかになり、サスペンス作品としていい出来だった。

この点を考えると、バーンズを演じたデニス・クエイドが、事件をなぞる形でストーリーテラーを進める役にはぴったりはまっていた。特に見る側と同じように焦燥感というものを感じつつ事件を解き明かす、あるいは事件の真相に迫っていることを伝える彼の演技は、この作品の緊迫感を維持するのに一役買っていたと思う。

またフォレスト・ウィテカーやシガニー・ウィーバ、マシュー・フォックスといった豪華なキャストも魅力であった。シガニー・ウィーバなどは殆どゲスト扱いで、あまり活躍の場は無かった点など、キャスト全員にスポットが当たるわけではないのが、やや物足りない点でもある。

事件の真相もかなり捻った作りになっており、映画が進むにつれ『なるほど、そういうことか!』とうなる面があることも、この作品の魅力だと思う。

90分と短いのだが、アイディアとして面白い作品だったし、アクションや推理展開なども面白いと思う。前半の展開にもう少しリズムのいい展開があればもっと引き込まれる作品だったと思う。

http://www.sonypictures.jp/movies/vantagepoint/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『犬と私の10の約束』を見ました | トップページ | 『ガチ☆ボーイ』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/40779601

この記事へのトラックバック一覧です: 『バンテージ・ポイント』を見ました:

« 『犬と私の10の約束』を見ました | トップページ | 『ガチ☆ボーイ』を見ました »