« 北京オリンピックについて考える | トップページ | 【番外編】クローバーフィールド »

三角あぶらあげ&知事じゃなくとも地元・宮城の宣伝マン

三角あぶらあげ 定義とうふ店 110円

仙台市青葉区大倉上下下道1-2

昨年のM-1グランプリで優勝した、サンドウィッチマンを最近よく見かける。

彼等が地元仙台を紹介するときに必ず登場するのが、定義山(じょうぎさん)の『三角あぶらあげ』。あぶらあげと言っても、普段スーパーで目にする薄くて中が空洞の物ではない。あぶらあげに豆腐を入れたような感じで、食べ応えのある大変おいしい物だ。

定義山ではこれを目の前で上げてもらい、唐辛子と特製の砂糖醤油をかけて食べることが出来る。

これがうまい!

食べたことのない人には申し訳ないが、この美味さは一度味合わないと損!

熱々の三角あぶらあげは、お値段も高くないですし、是非一度味わってもらいたい食べ物です。場所は仙台市内から車で約1時間。定義山あるいは定義如来を目指してもらえばたどり着けます。

ちなみに宮城には海の幸・山の幸が大変豊富である。海の物ならホッキ貝やサンマ、kainは食べないがホヤ、他にもいろいろ。山の物としては豊富な山菜や蔵王高原チーズ&牛乳等々。

8日のバラエティでもサンドウィッチマンが地元のおいしい食べ物を紹介していたが、彼等にはこれからも宮城の宣伝をどんどんして欲しいと思う。

もちろん代わりに地元に帰ってきたときには大歓迎で迎えるし、DVDなどが発売されたら購入して彼等の活動を応援したいと思いまーす。

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 北京オリンピックについて考える | トップページ | 【番外編】クローバーフィールド »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/40842444

この記事へのトラックバック一覧です: 三角あぶらあげ&知事じゃなくとも地元・宮城の宣伝マン:

« 北京オリンピックについて考える | トップページ | 【番外編】クローバーフィールド »