« 【お勧め未公開映画】『スケルトン・キー』 | トップページ | 『大いなる陰謀』を見ました »

【心熱くする作品】『セーラー服と機関銃』

本日は、薬師丸ひろ子ファン歴25年のkainが、代表作『セーラー服と機関銃』について語りたいと思います。思いっきり贔屓目で見てますので、興味の無い方はスルーしてください。

薬師丸ひろ子と言えば、「三丁目の夕日」のお母さん役が印象に強い人が多いでしょう。しかし、kainは薬師丸ひろ子と言えば『セーラー服と機関銃』です!(←力説!)

昨年、長澤まさみでTVリメイクされましたが、今から約25年前公開されたこの作品がオリジナルです。長澤まさみは身長も高く、健康的な魅力がありますが、薬師丸は小柄で可愛らしいという感じでした。

目高組組長が亡くなり、その後継者となったのは17歳の女子高生・星泉。組長がいなければ、松の木組に殴り込むと息巻く組員を押さえるため、やむを得ず組長に就任する。

しかし、組長となった泉の身に、麻薬組織からの危険が迫る。泉の父が麻薬に関係していたというのだ。そしてその麻薬には組織の大ボスの通称『ふとっちょ』が絡んでいる。

この作品の名場面と言えば、薬師丸ひろ子が機関銃を乱射し『快感…』とつぶやくシーンでしょう。このシーンは当時のCMにも使われ、ポスターもこのシーンの『写真とコピー』という、日本映画史に残る、名シーンといえるでしょう(←力説!)

この作品はメディアミックスの走りともされ、主題歌を薬師丸が歌い、雑誌やTVとのタイアップ企画が様々行われました。当時の角川映画は映画よりも、広告などにお金をかけると言われるほどでした。しかし、この作品は元々アイドルだった薬師丸ひろ子が、セーラー服で機関銃を構える姿のミスマッチから、公開すると大ヒット!世にアイドル・薬師丸を印象付けたのです。

『セーラー服と機関銃』は映画化を前提に、赤川次郎が書き上げた小説が原作。初めから薬師丸主役が決まっていたので、赤川次郎自身も薬師丸に会うような主人公として書き上げたと言うことです。

セーラー服を着た薬師丸ひろ子は、背が小さく本当に『少女』という雰囲気です。もちろん当時17歳ですから『少女』でもぴったりですが、ショートカットの女の子に、ヤクザの組長の組み合わせは、本当に違和感のある感じです。

作中でも等身大の女の子を演じているのですが、今見るとやや子供っぽく見えてしまいました。ただ、この当時から持っていた薬師丸ひろ子独特の目力は、この作品でも生きていて、場面毎の感情を表す重要な要素となっています。

この作品は、星泉という少女が大人の世界に立つ、その瞬間を描く成長物語。そのことを表すのが、渡瀬恒彦演じる佐久間と、謎の女・まゆみの二人に対する泉の気持ちです。

ここでは、まゆみが母親、佐久間が父親、の虚像として、泉の心に写され、やがてその二人から巣立ってゆく、そのことが泉を一人の『女性』として独り立ちしたときです。

だからこそこの二人は、物事の裏の面を泉のために引き受け、泉を守ってくれるのですが、泉自身はそのことを、『汚い』や『ずるい』と受け止め反発します。しかし、二人を知ることで人間が生きることの大変さや、きれい事では住まない理不尽さもある事を知るのでした。

物語の主人公にはもう一人、渡瀬恒彦演じる佐久間がいます。目高組の若頭として組存続のために生きる男ですが。こちらはヤクザという生き方しかでいなかった男が、泉の中の純粋さにふれ再生していく男。ある意味では泉に対する保護者として、生き方を問われた男だと思います。

そして、泉と佐久間の二人が演じるラストシーンは、ちょっともの悲しく、切ないシーンです。

伝説的な機関銃のシーンでは、爆破した際にビンの破片が、薬師丸の頬をかすり、うっすらと血がにじむと言うハプニングがあり、DVD等でも確認できます。今でも薄く傷が残っているということですが、このハプニングのおかげで迫力は増しています。特にこのシーンはスローモーションだったので、頬に血が写っているのはメイクと思った人も多いようです。

エンドロールは相米慎二監督お得意のロングショットの長回しで、赤いハイヒールを履いた薬師丸を延々と写し続けるシーン。こちらでかぶせられるナレーションと相まって、泉がちょっとだけ大人になったことを感じるエンディングです。

この作品の後、薬師丸ひろ子は大学受験のため、芸能活動を一時休業。ファンお前に現れるのは2年後の『探偵物語』、今度も等身大の女子大生の役でした。女子大生となった彼女は、ちょっと大人びて見えました。

PS.小説ではその後の星泉の物語も出版されています。『卒業-セーラー服と機関銃・その後』です。星泉がその後どうなったかを知ることが出来る小説です。

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 【お勧め未公開映画】『スケルトン・キー』 | トップページ | 『大いなる陰謀』を見ました »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『セーラー服と機関銃』は映画化を前提に、赤川次郎が書き上げた小説が原作。初めから薬師丸主役が決まっていたので、赤川次郎自身も薬師丸に会うような主人公として書き上げたと言うことです。

この部分のソースが知りたいです。

投稿: とおりすがり | 2015年7月 3日 (金) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/40910264

この記事へのトラックバック一覧です: 【心熱くする作品】『セーラー服と機関銃』:

« 【お勧め未公開映画】『スケルトン・キー』 | トップページ | 『大いなる陰謀』を見ました »