« 『ジャンパー』を見ました | トップページ | 『犬と私の10の約束』を見ました »

『魔法にかけられて』を見ました

ディズニーアニメのプリンセスが現代のニューヨークにあらわれたらと言う、奇抜なアイディアを映像化した『魔法にかけられて』を見ました。

多くの人はディズニーアニメーションを見たことがあるでしょう。あるいは東京ディズニーランドにそびえ立つお城が『シンデレラ城』と言うことも多くの人が知っていると思います。(ちなみに最初のディズニーランドである、ロサンジェルスにあるお城は『白雪姫のお城』なんですよ)

そこで繰り広げられる物語には、美しいお姫様と勇気あふれる王子様、そして意地悪な魔法使いが登場する。この『魔法にかけられて』もオープニングから10分間はそんなおとぎの国での物語。結婚しようとするジゼルとエドワード王子。その二人を快く思わないナリッサ女王。

となると白雪姫が『毒リンゴ』の罠に落ちたように、ジゼルにもナリッサの罠が仕掛けられる。その罠とは、おとぎの国のかけらも無い、現代のニューヨークへの追放。動物たちと暮らし、歌を歌えば何でも解決する世界から、生き馬の目を抜くとも言われる現代社会。そこではジゼルの純真な心は、全く通用しない。歌を歌えば鳩やリスが集まるはずが、集まるのはネズミやゴキブリ。親切な人は全然見つからない、逆にいい様にだまされる始末。しかし、やっと見つけた親切なロバートに助けられ、ジゼルのニューヨークでの生活が始まる。

まずアニメーションと実写の融合と言うことですが、殆どの部分は実写とアニメがはっきりと分けられている。おもしろかったのはお姫様が実写になると、ちょっと親近感がわくというか、お姫様らしくなくなる感じがすること。もちろん背景が、ファンタジックなアニメと違い、ニューヨークの摩天楼だから感じが違うのだが、衣装などは同じなのにやはりアニメの世界とは違うと感じた。

ちなみに王子様の方は、かなり雰囲気があるのだが、実写になるとちょっと間抜けな男に変わってしまう。そして、意地悪な魔法使いは、現代でも実に意地悪く見える。さすがはスーザン・サランドン、歩くでけでも貫禄有りです。

ジゼルを演じるエイミー・アダムスは年齢34歳で、お姫様にはちょっと、と言う気もするが映像からはそれほど不自然さは感じない。特にアニメ風の身振り手繰りで台詞を演出する演技は、ダンスもやっていたというアダムスによって、ごく自然に(あるいはアニメの実写からしくというべきか)見ることが出来た。ただ、終盤の舞踏会で着るドレスを着た姿は、お姫様よりは、現代の大人の女性に見えます。それでもやはり、歌を歌ったり踊ったりする姿が様になっていたのは、作品のポイントでもあるだけに、見ていて楽しく感じられます。

一方、ジゼルを助けたが為にさんざん迷惑をかけられるロバートには、アメリカのドラマ『グレイズ・アナトミー』で人気のパトリック・デンプシー。作品中では、離婚調停を手がける弁護士で、恋人とのプロポーズに5年もかけた大人の男役。彼はちょっと皮肉な感じでジゼルを見ながら、やがては惹かれていくのだが、この辺からこの作品の仕掛けがおもしろくなる部分。

ちょっと頼りないが、現実主義者のロバートと、おとぎの国からきた王子。相反するような二人を見るジゼルは、現代のニューヨークで生きることで少しずつ変化していく。その辺の展開がおもしろかった。

実はこの作品にはディズニーの『お約束』が満載。しかし、それ以上に『お約束破り』が満載!

この『お約束破り』にふれないように感想を書くのは非常に厳しいので、詳しくは書きませんが、見た人はきっと吹き出すこと間違いなしです。ちょっとあきれるような笑いから、ディズニーのお姫様がそんなことまで、と言うような大活躍。

果たしてジゼルの運命はどうなったのかは、是非劇場でご覧になってください。

追記:kainはこの作品を『吹き替え版』で見ました。ミュージカルパートの歌もすべて吹き替えられていたのでまあ満足の吹き替えの出来でした。ただ、顔のアップなどになるとどうしても口の動きと会わない部分が目立ってしまいます。オリジナルではジュリー・アンドリュースがナレーションでしたが、吹き替え版では松坂慶子。特徴のある声ですぐに分かりましたが、声のメリハリなどが上手で、オープニング&エンディングをしっかりまとめてくれました。

http://www.disney.co.jp/movies/mahokake/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『ジャンパー』を見ました | トップページ | 『犬と私の10の約束』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kainさん、TBとコメントありがとうございました

吹き替えで見られたんですね!
私もいつも吹き替えなんですが、ディズニーだと子供が多くうるさくてかなわないので、今回は字幕で見ました

ダンナは「今回はミュージカル仕立てな部分があるから字幕でよかった^^」って言いましたが、私は吹き替えの方が画面をゆっくり見られるので、やはり吹き替えがよかったかなって思っています

投稿: かずぴん | 2008年3月21日 (金) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/40570480

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法にかけられて』を見ました:

» 魔法にかけられて [毎日キラキラDay☆]
ディズニー映画【魔法にかけられて】を見てきました 映画館の予告編でみたときからずっと楽しみにしていた映画なんです 魔法の王国”アンダーレシア”に住むジゼルという娘が王子様エドワード王子と結婚するときに魔女に騙されて恐ろしい世界に追放される・・・おそろしい世界というのは私たち人間が住む世界(ニューヨーク)なんですが(苦笑)、おとぎの国からそのまま抜け出したような純粋なジゼルがドライでカサカサした人間たちに魔法をかけてくれた・・そんなお話でした 勝手な感想を少々・・・(ネタばれあり)... [続きを読む]

受信: 2008年3月20日 (木) 14時36分

« 『ジャンパー』を見ました | トップページ | 『犬と私の10の約束』を見ました »