« 『イッセー尾形のとまらない生活 2008』を見てきました | トップページ | 『魔法にかけられて』を見ました »

『ジャンパー』を見ました

テレーポーテーション能力を持つ人間と、それを抹殺しようとする物達を描いた、『ジャンパー』を見ました。

普通の高校生だったデビットはある日自分にテレポーテーション能力があることに気づく。その時から彼はテレポーテーション能力を利用し、自由な生活を送っていた。しかし、ある時彼の家にパラディンと呼ばれる、ジャンパー狩りの男が現れた。

ダース・ベイダー/アナキン・スカイウォーカーを演じたヘイデン・クリステンセンは今回もハンサムで、スマートな青年を演じていました、彼は今回テレポーテーションを得る青年だが、作品中の描写ではヒーローのごとく扱われている。

自由気ままな生活を楽しんでいる青年が、突然強敵に襲われ、しかも彼の関係者は、能力のことを知っている可能性があるため殺される危険がある。デビッドが思いを寄せるミリーにもその危険だ迫るのだった。

と、こんな感じにまとめられるのだ。しかも、味方になるもう一人のジャンパー『グリフィン』によれば、パラディンは数百年前から、ジャンパーの抹殺を狙う集団で、その為には手段を選ばない。生き延びるためにはパラディンを倒すしかないと教えられる。

そしてパラディンのリーダ・ローランド・コックスを演じるのがサミュエル・L・ジャクソン。白髪にした表情の険しい彼は、まさに敵役で冷酷なハンターのように感じられる。

ん?

しかし、よく考えるとこの作品の描く、正義と悪の描写はまるっきり逆なのではと思う。

作品の前半に描かれるデビッドやグリフィンのジャンパー生活は、銀行強盗や窃盗のオンパレード。パラディンを倒すために家は爆破する、バスを乗客を乗せたまま砂漠にテレポートさせる等、社会の迷惑になることのオンパレード。

こんなこと『しか』しないのならば、抹殺されても仕方ないのでは?と思ってしまう。現にデビットと喧嘩になった男の一人は、無実の罪で逮捕されてしまっていた。

デビッドは彼に、何故自分のことをローランドに話したのか、と非難するがどうもその台詞に至る思考が理解できない。

この作品のストーリーにはそういった矛盾や身勝手な展開が多すぎる。デビッドの行動もそうだし、ダイアン・レイン演じるメアリー・ライスの行動、デビットとメアリーの関係に気づいたはずのローランド等々。その為に作品としては、見終わった後に『????』と感じてしまった。

作品中の映像はVFXを多用して迫力は満点だったが、ちょっと無駄な演出が多かった。観客に対して能力をアピールしたいのは分かるが、あそこまで頻繁に能力を使ったのでは、パラディンでなくとも、ジャンパーは危険な存在と感じるだろう。

作品の完成度としてはちょっと物足りない仕上がりだが、春休みシーズンを迎え友人やカップルで見に行くには、最適な娯楽作品です。

ps.おそらく続編製作を視野に入れている作品ですが、果たしてそれほどヒットするかどうか微妙な感じです。

http://movies.foxjapan.com/jumper/

人気ブログランキングへ(1クリックお願いします)

kain

|

« 『イッセー尾形のとまらない生活 2008』を見てきました | トップページ | 『魔法にかけられて』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/40499468

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャンパー』を見ました:

« 『イッセー尾形のとまらない生活 2008』を見てきました | トップページ | 『魔法にかけられて』を見ました »