« 『俺たちフィギュアスケータ』を見ました | トップページ | 『ヒトラーの贋札』を見ました »

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を見ました

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ3部作を手がけたニューラインシネマが手がけた、話題のファンタジー作品『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を見ました。

人間の心がダイモンと呼ばれる動物の姿となり、人々のそばに姿を現す世界。ライラはその世界で修道院に預けられながらも、活発で好奇心旺盛な女の子だった。ライラの伯父が北極から戻り『ダスト』の存在に関する冒険に関心を持ったライラは、コールター婦人の誘いに乗り、修道院を離れ、不思議な冒険の第一歩を踏み出すのだった…

ダニエル・クレイグやニコール・キッドマンの共演が話題になっている作品ですが、3部作と言うことでキャラクタの説明や世界観の解説のような描写がやや多かったように感じます。

この作品ではダイモンと呼ばれる動物が、リアルに描かれておりその中でも特にシロクマ(劇中では甲冑クマ族)が大迫力でした。『北極のナヌー』や『アース』で見た映像に比べても、全く遜色のない映像です。

それぞれのダイモンも、人の心に応じた表情を見せ、それぞれが違和感無く描かれている辺りにもVFXの技術の高さを感じます。

オーディションを経て選ばれたライラを演じるダコタ・ブルー・リチャーズは、なかなか表情豊かで、年齢の割には大人びた感じを受けました。ライラについて作品の流れからすると、ちょっと無謀な展開が多く、脚本の作り込みあるいは原作の展開を詰め込むためだったのか、ライラが事件に積極的に巻き込まれようとしているとも感じられます。

ニコール・キッドマン演じるこーるた夫人は、この作品の陰の主役。しかし、中盤全く出番が無く、やや肩すかしを食ったようです。また、つぎはぎ的に情報を小出しにするために登場したのか、とも感じます。

そして最も、印象が薄いのがダニエル・クレイグ。前半ちょっと登場したら、後は殆ど登場しません。エンディングになったとき、『あれクレイグは?』と感じたほどです。もちろん今後の展開のためには欠かせないのでしょうが、映画という1本の作品としたときに、せめて各主要なキャラにスポットを当ててやるべきだったのではないかと感じます。

物語としてもいかにも序章という感じで、小さな事件は解決する物の、このされた謎が多すぎて、第2部公開まで覚えていられるか不安です(2部公開までにDVDが発売されるのでそれを見ろと言うことかも)。

単体の作品としての見所はシロクマの対決でしょうか。これはかなりの迫力です。また作品中でもかなりの比重をかけている部分で、今後の展開に見方の白くま・イオレクが欠かせないのだと思いました。

キャスティングされている俳優陣から、製作会社はかなり本気で製作してます。それ故、今後の展開もかなり期待できます。この作品を見に行く人は、あくまでも『3部作の中の1本目を見る』のだと言うことを忘れないで見に行くことが大切です。

Ps.ダコタ・ブルー・リチャーズのプロモーション時の映像を見ると、だいぶ成長したように感じますが、3部作撮り終えるまでに、かなり変わってしまわないか心配です。

http://lyra.gyao.jp/

人気ブログランキングへ

kain

|

« 『俺たちフィギュアスケータ』を見ました | トップページ | 『ヒトラーの贋札』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/40322118

この記事へのトラックバック一覧です: 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を見ました:

« 『俺たちフィギュアスケータ』を見ました | トップページ | 『ヒトラーの贋札』を見ました »