« ここでがんばってこそ! | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光』を見ました »

『シルク』を見ました

役所広司の出演が話題となった、『シルク』を見ました。

19世紀のフランス、軍を退役し製糸会社を共同経営するエルヴェ(マイケル・ピット)は、蚕のたまご買い付けのため日本へ向かう。そこで彼は出会った日本人・原十兵衛(役所広司)の好意を受けたが、それ以上に彼の妻(芦名星)にひきつけられた。何度か日本へ向かうエルヴェだが彼の妻・エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)は、一抹の寂しさw感じていた…

日本・カナダ・イタリア共同制作の作品のため、『奇抜な』日本は全く無く、驚くことに地名なども性格に表現されていたのは正直驚いた。

作品はやや難解なラブストーリー。特に芦名星演じる少女をどのように捉えるのかが作品の鍵になる。とにかくこの芦名星が、ミステリアスな魅力を120%表現、台詞は一言も無いのに存在感たっぷりでした。

この少女が以下に魅力的に見えるかは、かなり苦労した部分であると思います。というのは、作品中のヒロインとしてキーラ・ナイトレイがキャスティングされ、その明るい魅力も作品に盛り込まれています。

その為、その対照的なものを表現するため、どこか影ある描写で、両者の違いを際立たせる必要があり、その結果、芦名星の台詞を廃し、表情や仕草で見せることにしたのでしょう。

この芦名星の魅力をうまく表現できたことで、エルヴェが生死の危険をかけ何度も日本に赴くことに、理由付けできたと思います。

日本パートに対して、フランスパートでは夫婦でありながらどこか他人行儀名感じの二人が描かれますが、実はこの展開が、後半に意味を持ちます。

作品としての出来を考えると、ラストに向けての展開が難解で万人向けとは言いにくい作品でした。しかし、映像の美しさや心地よい音楽とあわせ、心の琴線を振るわせる大人の恋愛物語でした。

http://www.silk-movie.com/

人気ブログランキングへ

kain


《キーラ・ナイトレイの出演した作品》



《役所広司の出演した作品》

|

« ここでがんばってこそ! | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/40146090

この記事へのトラックバック一覧です: 『シルク』を見ました:

« ここでがんばってこそ! | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光』を見ました »