« 『ふみ子の海』を見ました | トップページ | 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を見ました »

『アース』を見ました

地球上に住む動物たちの生態を捕らえた、『アース』を見ました。

46億年を経た地球には様々な生き物たちが住んでいます。ホッキョクグマや鯨、ライオンや象など

そんな地球上に住む動物たちの生態系に少しずつ変化が生じている。

昨年『北極のナヌー』が公開されましたが、この『アース』も同じように動物の生態を追ったドキュメンタリー作品です。この中で北極から南極まで地球を縦に横断するように動物たちを追いかけます。

ホッキュクグマのパートに関しては『北極のナヌー』を見た人にはちょっともの達ナイト思います。しかし、その他の動物パートを考えるとホッキョクグマのラストまで描いたと言うことでバランスはとれたのではないかと思います。

動物の映像として様々なとらえ方があり、かなり新鮮に感じる映像もありました。特にアフリカの水場でライオンと対峙する象のシーンは撮影したスタッフに波及種を送りたいほどの迫力映像でした。

また、鯨を追って赤道付近から南極付近まで追跡した映像も、映画館のスクリーンで見ると、圧倒的な重量感を感じました。

その他にも極楽鳥のダンスなどはなかなか目に出来る物ではないと思います。

この作品は吹き替えで渡辺謙がナレーションをしてましたが、落ち着いた口調で淡々と話すのが、動物たちの映像にマッチしています。

ただ残念だったのは、作品のテーマに地球温暖化に対するメッセージを織り込んだナレーションを加えていましたが、映像中からはそのことを訴えるような物があまりありませんでした。

そのメッセージが強く出ていたのはホッキョクグマのパートでしたが、日本で昨年公開された『北極のナヌー』も同じテーマだったので、インパクトが弱まってしまったこともあると思います。

但し、そのメッセージ性が弱いとしても地球という星に住む動物が、全体の微妙なバランスの上に成り立っていると言うことは、作品中でも語られます。そのことを少しでも見終わった後に感じてもらえれば、良いのではないでしょうか。

http://earth.gyao.jp/

人気ブログランキングへ

kain

|

« 『ふみ子の海』を見ました | トップページ | 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/17859063

この記事へのトラックバック一覧です: 『アース』を見ました:

« 『ふみ子の海』を見ました | トップページ | 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を見ました »