« 『アース』を見ました | トップページ | 『28週後…』を見ました »

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を見ました

ジョニー・デップが復讐に生きる理髪師を演じる、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を見ました。

かつて無実の罪で投獄され、妻を奪われたベンジャミン・バーカ。その彼が復讐のためにスウィーニー・トッドと名を変え、ロンドンに帰ってきた。フリート街で理髪店を再開した彼は、彼を陥れたターピン判事が、娘の後見人となっていることをしり、復讐の念をさらに募らせるのだった…

ティム・バートン&ジョニー・デップの組み合わせと言えば『シザー・ハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』などファンタジーの中に世相の風刺を織り交ぜた、大人の作品が多いのが特徴。

今作も復讐をテーマに、ブラックな内容を織り交ぜた、大人のミュージカル作品に仕上がっていました。さらに映像的にも暗く沈んだロンドンを、モノトーンに近い色合いで表現しながら、『血』だけはとても鮮やかな『赤』で表現するなど、視覚効果も印象的です。

さて、演じるデップは、今回のようなちょっと癖のある役を演じさせると、本当に上手い。今作でもカミソリを『友』と呼びながら歌い踊る姿や冷酷に人を殺す時の表情は、薄気味悪くもありながら情熱を感じる表情でした。

それ委に加えて、ヘレナ・ボナム・カータがそれに輪をかけて不気味。パイを作る時の表情、とっどを見つめる表所、客をあしらう表情など、無表情でありながら何かを感じさせる目、それが効果的に使い分けられて、二人の組み合わせでさらに不気味な物となってました。

ストーリーはミュージカルという基本があるので、複雑な物ではありません。悪い役人・ターピン判事を演じるのは、最近では『ハリー・ポッター』シリーズのスネイプ先生ことアラン・リックマン。彼は実に嫌らしい感じで、物語にメリハリを与えています。『判事にどの様に復讐をするか』が第一のテーマ。そして第二のテーマは、『奪われた娘をどの様に救い出すか』。この二つのテーマに向けた、トッドの情熱を物たがりの基本線に、ブラックなテーマはミセス・ベケットの店はどの様に復活するかをまとめているので、ブラックな笑いが分かる人にはなかなか楽しめると思います。

しかし一点だけ欠点を上げると、やや説明不足と感じる部分として、トッドが復讐に関係ない人に対して殺意を向ける部分。この点はちょっと理由付けが弱いのでは?と感じました。

それ以外は、残酷でありながらユーモラスな展開、華麗な歌とダンス、終盤にかけては緊迫感の高まる展開など、時間を感じさせない展開です。

この終盤は本当にドキドキします。復讐に燃えるトッドをいかなる試練が襲うのか、これはかなり見応えがありました。どの様な展開なのかは是非、劇場で確認してください。

http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/

人気ブログランキングへ

kain

|

« 『アース』を見ました | トップページ | 『28週後…』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kainさん
今晩は(^_-)-☆
そして、初めまして!!
TB&コメント有難うございました。
時々お邪魔致しますので、宜しくですm(__)m

投稿: mezzotint | 2008年2月 4日 (月) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/17876479

この記事へのトラックバック一覧です: 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を見ました:

» スウィーニー・トッド (フリート街の悪魔の理髪師) [★Shaberiba ★]
ジョニー・デップが超シリアス〜!! 19世紀のロンドン。 平凡なある男の人生は、その幸せを妬んだ判事によって 永遠に壊されてしまったのだった・・。 [続きを読む]

受信: 2008年1月28日 (月) 22時23分

» 『スウィーニー・トッド』観てきました。(>_<) [彩香の今日この頃]
20日(日)に、Jくんと、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を、 [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 18時17分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた者への復讐に燃えていた―  監督 : ティム・バートン 『チャーリーとチョコレート工場』『スリーピー・ホロウ』        〜スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化〜        【comm... [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 20時36分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007・アメリカ) [白ブタさん]
ホラー映画だった{%saiaku%} [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 20時59分

» 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米) [富久亭日乗]
     ★★★★☆  ブロードウェイの傑作ミュージカルを、 Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。 原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。  19世紀のロンドン。 フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、 悪徳判事(Alan Rickman)の計略にはまり、 妻を奪われ、自らは無実の罪で投獄される。 15年後ようやく自由の身になった男は、 妻が自殺し、一人娘は判事に監禁されているこ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 16時17分

» SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET [銅版画制作の日々]
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。 1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルですね。ほとんど映像はモノクロの世界。大量の血しぶきは赤色で映し出されています。 150年以上人々に語られ続けたスウィーニー・トッド伝説 伝説の始まり  通説によれば、スウィーニー・ト... [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 22時21分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 観てきました [よしなしごと]
 今週4本目、そして今年10本目はスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師でした。今年は映画館に行くペースが例年になくスローペースです。挽回できるのか?! [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 14時20分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。今回は大きくネタバレ有りの為、要注意オープニングからいきなり 血が流れ出して進んでいくのがもうかなり おえっぷでやんす〜( ̄ω ̄;)そしてミンチ製造機。。。 おぉぉぉ ヤバイ かなり怖い妻子と幸せに暮らしてい...... [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 05時55分

« 『アース』を見ました | トップページ | 『28週後…』を見ました »