« 『魍魎の匣』を見ました | トップページ | 『ロンリーハート』を見ました »

『28日後…』DVD鑑賞

まもなく『28週後…』が公開されますが、その前日談がこの作品『28日後…』です。

2002年作品ですがゾンビ系ホラーとして話題になりました。

ストーリは、強い感染性を持ったウィルスを研究していた施設から、感染した1匹のサルが逃げ出す。そのウィルスは精神を冒し即効性の怒りを発する。それに感染した人間は次々と他人を襲うようになった。

そして28日後

病院で目が覚めたジムは、全く人気の無くなったロンドンの市街を目にするのだった。

まずこの作品にはいろいろ皮肉なテーマが隠されています。

1.動物保護団体が、実験動物を逃がすことでウィルスが拡散してしまうこと

2.人口が密集する都市だからこそ、ウィルスの蔓延が早かったこと

3.生き延びるためには他人を犠牲にする必要のあること

4.ゾンビと化した人間より、生きている人間のほうが危険であること

などなど

まあ、4のテーマは割りとありがちですが、このことを引き起こすのが国民を守るべき軍隊であるということが皮肉で、男中心の軍隊にあって生き延びるための『えさ』が、セックスというのも人の本質をえぐるようなテーマでした。

今作品ではキリアン・マーフィーがジムを演じますが、彼の神経質そうな表情と、末期感を感じさせる都市の映像、緊迫感を感じさせる構成でした。へたにマッチョな人が出るとこうは行かないでしょう。

ハリウッド作ではなくイギリスの作品で、派手な音楽は在りませんがシーンに合わせて抑揚のある音楽が場面ごとに使われました。この辺は監督や演出家の力を感じます。

さて、この作品ラストにはこの危機を乗り越えることが描かれるのですが、劇場公開版時のラストとDVDのラストは異なります。第2弾につながる希望を感じるということではDVD版がいいのですが、作品としては劇場公開版のほうが刹那感が漂ってよかったような気がします。

ところで、この作品では感染した人は死んだわけではないと思います。厳密には生きている人、ただし病人です。この点でも従来のゾンビ映画とは一線を画すアイディアではないでしょうか?

人気ブログランキングへ

kain

|

« 『魍魎の匣』を見ました | トップページ | 『ロンリーハート』を見ました »

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『28日後…』DVD鑑賞:

« 『魍魎の匣』を見ました | トップページ | 『ロンリーハート』を見ました »