« 『ベオウルフ/呪われし勇者』を見ました | トップページ | 『アイ・アム・レジェンド』を見ました »

『ナンバー23』を見ました

   

あらゆる事象に関係する『23』という数字にとらわれた男を、ジム・キャリーが演じた、『ナンバー23』を見ました。

動物管理事務所で働くウォルターは、妻からもらった1冊の本『ナンバー23』を読むうちに、その内容が自分の過去と奇妙に一致し、しかも現実に『23』という数字があらゆるところに、発見するようになった。

ジム・キャリーはコメディ作品でメチャメチャキャラクターを演じることが多く、今作のようなサスペンスでも、狂気に追い込まれていく役をそつなくこなしてくれました。特に劇中劇となる、本の中の主人公と、現実の世界の役での切り替えは彼ならではの演技で、初めは同一人物と気づかないほどでした。

ストーリーとしては、中盤以降の展開は緊迫感があります。ただネタとしてはやや使い古されていると感じます。

また、前半の『23』に関する事象も、劇中でも言われていますが、こじ付けが多すぎます。もっと印象的な理由付けがあるほうが、物語が引き締まったと思います。

その意味では犬の『ネッド』の役割を、もう少し多くしてオカルト色をくわえても面白かったと感じます。

脚本的にはもう一捻り欲しいと言う気もしますが、作品としてはそれなりに緊迫感があり、サスペンス作品好きの方は見ても損は無いと思います。

http://www.number23.jp/

kain


ジム・キャリー主演作です。エターナル・サンシャインが特にお勧めです。

|

« 『ベオウルフ/呪われし勇者』を見ました | トップページ | 『アイ・アム・レジェンド』を見ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224846/17358702

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナンバー23』を見ました:

« 『ベオウルフ/呪われし勇者』を見ました | トップページ | 『アイ・アム・レジェンド』を見ました »